『コンスピラシー』のトークン

更新日 Arcana on 2014年 6月 5日

By Blake Rasmussen

Blake is the content manager for DailyMTG.com, making him the one you should email if you have thoughts on the website, good or less good (or not good). He's a longtime coverage reporter and hasn't turned down a game of Magic in any format ever.
『コンスピラシー』のトークン

 『マジック:ザ・ギャザリング ― コンスピラシー』が6月6日についに発売です。策略が開封され、秘策が公開されはじめるのが待ちきれません。ドラフトの計略を注意深く練り、同盟を計画する(当然すぐに破られる)ところではありますが、ここで《ダク・フェイデン》の故郷の次元であるフィオーラの自然を探検する時間をとって、『コンスピラシー』でテーブルに登場するさまざまなトークンを見ていくことにしましょう。

ゾンビ

 このセットでゾンビを作る方法は1種のみですが、その《覚醒舞い》はコモンなので、こいつがドラフト中を歩き回るだろうとは思ったほうがよいでしょう。

スピリット

 スピリットはフィオーラの白のフレーバーの主要な部分を占めます。《宿命の旅人》はその周囲の陰謀の餌へと繰り返し投じられます。そして繰り返す《魂の目覚め》、あるいは《カストーディの霊魂縛り》に煽られ、ひとたび『コンスピラシー』が発売されたなら、多くのこの飛行生物が現れることになるでしょう。

デーモン

 アーティストのエヴァン・シパード/Evan Shipardは、《奈落の統治》によって生み出されるデーモンが、いかに恐ろしく巨大であるかを記録するという素晴らしい仕事を為しました。

オーガ

 《グレンゾの反論》のテキストはお読みになりましたか? このカードはあらゆる破壊をもたらし、ゲーム中のすべてのプレイヤーを巻き込んで放縦な破砕を繰り広げます。おっと、何気なくこんな見た目の4/4オーガも連れてきますね。

 驚くことに、象も『コンスピラシー』を荒々しく駆けまわっています。スピリットと同様に、象を生み出すカードは3枚あります。《テラストドン》はなかなか見られませんが、《セルヴァラの突撃》と《象の導き》は間違いなく左や右の(そして正面の)対戦相手を踏み潰すでしょう。

リス

 リスの堂々たる帰還です! レベル5ジャッジのトビー・エリオット/Toby Elliotも嬉々として《リスの巣》をプレイしているところを、『コンスピラシー』のドラフト&プレイ動画(リンク先は英語)で見ることができるでしょう。

 《捕食者の雄叫び》と《狼茨の精霊》はともに大量の狼の群れを戦場に呼び出すことができます。そのときのために、この美しいトークンを手元に置くことをお忘れなく!

構築物

 こちらは新顔です。策略《歩哨の出動》によって、この1/1の構築物・トークンを戦場に出した状態でゲームを始められるのです。さらに構築物を使いこなしたいなら、《火炎職人》はこれをもっと作り出し、その有効な活用法も与えてくれます。

ダク・フェイデンの紋章

 ええ、厳密にはトークンではありませんが、あらゆるもののコントロールを得ることができるという《ダク・フェイデン》の紋章を、ここでお披露目しないわけにはいきません。加えて、ダクのうっとりするような瞳に夢中にならないわけがないでしょう。それがおそらく、彼が多元宇宙で最高の盗賊である理由なのですから。

最新Arcana記事

ARCANA

2015年 11月 5日

『統率者(2015年版)』のトークン by, Blake Rasmussen

 今回のトークンが気になりますか? お持ちしましたよ!  今回のトークンは合わせて24種類です。天使、猫、ドレイク、熊、象、ドラゴン。先制攻撃を持つ騎士に、警戒を持つ騎士もいます。蛇・トークンも2種類あり、スピリット・トークンも数種類、そして多相の戦士・トークンなんかもあります。古き良きもの(苗木、細菌、もちろんゾンビも!)があれば、新しい仲間(「稲妻の憤怒獣」という名前...

記事を読む

ARCANA

2015年 11月 4日

『統率者(2015年版)』のパッケージ by, Blake Rasmussen

 本日の「Uncharted Realms」にて《ネル・トース族のメーレン》が最後の穴を埋めたことで、『統率者(2015年版)』のパッケージを飾るカードはすべて公開されました。いよいよ、今回のパッケージをお披露目するときがやって来たのです!  それでは、満を持して登場したメーレン氏から始めて、順番に見ていきましょう。 「墓場の略奪」 「精霊の召喚」 「戦闘の猛火」 ...

記事を読む

記事

記事

Arcana Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る