法務官、捕食者にあらず

更新日 Command Tower on 2015年 5月 7日

By Adam Styborski

Stybs has played Magic the world over, writing and drafting as part of the event coverage team and slinging Commander everywhere his decks will fit.

原文を読む

 統率者戦は選び使う強力なカードに事欠かない。事実(少なくとも私には、だが)、欲しいと思ったときに強力な何かがデッキに入って「いない」ことの方が例外なのだ。

http://media.wizards.com/2015/images/daily/cardart_a8lcmc6hif.jpg

大修道士、エリシュ・ノーン》 アート:Igor Kieryluk

 《太陽の指輪》のようなカードは数多くあり、使い勝手も良いが、私が言うところの強力なカードは水準がより高いものだ。《太陽の指輪》は第1~2ターンにプレイできたならテンポを引き上げ迅速にマナを伸ばすことができるが、土地を十分に並べた後でトップデッキしたときの力はあまりに低すぎる。

 デカブツ――大きく、ゲームを変えうるカードは、その逆である、序盤に使うことはほぼできないが、終盤になって引くことができれば対戦相手に大きな影響を与え、注意を惹くことになるだろう。この例として私が好む1枚が、『モダンマスターズ 2015年版』で帰ってくる。《大修道士、エリシュ・ノーン》だ。

http://media.wizards.com/2015/mm2_9vgauji43t9a/jp_JH6jPyJnVr.png


隆盛と下落

 《大修道士、エリシュ・ノーン》と私は統率者戦で長い歴史を歩んできた。彼女の能力は独特かつ強力で、多くの場合、戦場から去るまでの間はゲームの行方も定義付けてしまう――対戦相手にそのような時間があれば、だが。彼女の3つの能力は、このように協調して働く。

  • 警戒を持ち4/7というサイズは素晴らしい。攻撃やブロックで倒すのは困難だ。
  • あなたがコントロールする他のクリーチャーは+2/+2の修整を受ける。これにより攻勢を強め、全軍を一度に大きくすることができる。
  • あなたの対戦相手がコントロールするクリーチャーは-2/-2の修整を受ける。多くのユーティリティ・クリーチャーを除去あるいは封じ込め、こちらの攻撃を止めにくくする。

 彼女はまったくの不公平だ。対戦相手もそれにすぐ気づく。最高のデカブツというものは、得てしてこのような不公平なカードだ。それが、私の《贖われし者、ライズ》を統率者としたデッキが最強の一角であると考える理由でもある。

Stabの「統率者:贖われし者、ライズ」

Download Arena Decklist
COMMANDER: 贖われし者、ライズ
99 カード

 このデッキは手加減をしたり、デカブツによる一方的な攻撃を遠慮するようなものではない。その手の奴がそこかしこにいる。

 これらの効果やカードは私たちに……私たちだけに利益を与え、そして対戦相手を罰し、その両方ですらある。まさにデカブツであり、統率者戦で得られる力だ。そして《大修道士、エリシュ・ノーン》がクリーチャーとして恐れられる理由でもある。(実際、すべての『新たなるファイレクシア』の法務官は、その強力で一方的な能力によって恐れられるものだ。)


 デッキのパワー・レベルの管理とは、こうした効果に気を払うことである。こうした効果に深く入り込みたいという誘惑に駆られるが、それは他の全員の怒りを買う危険性がある。デッキに入れる伝説のクリーチャーという観点に立ち戻ろう。しかし統率者としてではなく。その理由を示そう。

私が《希望の天使アヴァシン》を統率者として使うことは絶対にない、と言えます。彼女は他のプレイヤーのヘイトを買ってしまうのです。正直に言えば、《自由なる者ルーリク・サー》もデッキには入れたいが統率者にはしたくない類のものです。彼は良いもので、時には輝かしいものですが、誰かれ構わず6点のダメージを与えるともなれば、私の許容範囲を越えてしまうこともあります。彼は他のプレイヤーの選択肢を劇的に変えてしまいますが、テーブルの駆け引き次第でもあります。彼を守ってくれるプレイヤーもいるかもしれません。しかし、《希望の天使アヴァシン》はほぼ常に、誰からも嫌われるのです。

ジェレマイアの「統率者:アニマのメイエル」

Download Arena Decklist
COMMANDER: アニマのメイエル
99 カード

 ジェレマイアは《大修道士、エリシュ・ノーン》や《希望の天使アヴァシン》などを統率者として使うことの危険性を指摘している。ゲームを始める前から、対戦相手の計画を壊しうる強力で一方的な能力を持っているぞ、と公言しているものだからだ。

 これらの強力なカードをメインデッキに隠しておき、サプライズとして選択的に使う方が、より効果的であり、バランスを保つことになる。私は《贖われし者、ライズ》デッキを使うことはあまり多くないが、使うとすれば戦いの局面が変わるとわかっているときだ。戦場を自分の有利な方へと支配するカードで統率者戦のデッキを埋め尽くすのは簡単なことだが、他のプレイヤーのデッキやプレイ体験とのバランスを保つことは同じくらい大切なことなのだ。

 大いなる力には大いなる責任が伴う、ということだね。

(Tr. Yusuke Yoshikawa)

最新Command Tower記事

COMMAND TOWER

2016年 1月 7日

倍賭け勝負 by, Adam Styborski

 マナを生み出すことは、マジックの根本的な要素だ。レアの枠に《島》が入っていた最初の時代(それくらい土地は大事なものだったのだ!)から、私たちは長きにわたりマナとともにあったが、その道のりは決して平坦なものではなく、紆余曲折に満ちたものだった。 《ミラーリの目覚め》 アート:David Martin  マジックの黎明期、レアの枠には《ほとばしる魔力》というカードもあった...

記事を読む

COMMAND TOWER

2015年 11月 5日

カードを越えた探索(越えるは時のみにあらず) by, Adam Styborski

 「統率者戦」とひと口に言っても、その意味するところは様々だ。自身の勝利の追求、独自に組み上げた100枚を披露する舞台。派手な呪文が飛び交い、コストが重過ぎるものの最高に楽しい能力を持ったカードにも活躍のチャンスがある場所。最も手広くマジックのカードを扱い研究の余地が多く残される奥深さ。  そしてもうひとつ、決して無視できず最も多くの議論を呼ぶ一面となっているのが、そのラ...

記事を読む

記事

記事

Command Tower Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る