エルフ・ラリー(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 9月 15日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 スタンダードにおけるアブザンのバリエーションは出尽くした、と私は思っていました。ですがなんと、まだ新たなアイデアの余地があったのです。本日ご紹介するデッキは、強力な墓地利用とエルフの力を合わせたものです!『マジック・オリジン』はエルフに大きく注目したセットです。しかし確かにエルフのカードはあるのですが、この強力な部族を使う手段を多くのプレイヤーが見出せないでいました。《群れのシャーマン》は、デッキにエルフをたくさん採用する大きな理由になります。小型のクリーチャーたちでビートダウンを進めた後に、《群れのシャーマン》が対戦相手にとどめを刺すことでしょう。それに加えて《集合した中隊》や《召喚の調べ》を用いれば、「エルフ」デッキは実に安定したミニ・コンボ・デッキとして機能するのです。

 ダン・マッサー/Dan Musserの「エルフ」デッキも、それによく似た形です。しかし彼はライブラリーから《群れのシャーマン》を探し出すのではなく、《先祖の結集》で他にも大量のエルフを引き連れて「リアニメイト」し、一気にライフを奪うものに仕上がっています。基本的にはこのデッキもアグロの形であり、そこに《アブザンの魔除け》やその他の除去を添えてあります。《サテュロスの道探し》は墓地を肥やすのに役立ち、《アンデッドの大臣、シディシ》はコンボに必要なパーツをもたらしてくれます。そしてクリーチャーがみな墓地へ行ったら、《先祖の結集》を唱えてすべて戦場に戻します。《群れのシャーマン》が複数体いれば大量のダメージを叩き出すことでしょう。それから《包囲サイ》はエルフではありませんが、このカードもまた墓地から戻ったときに対戦相手のライフを3点吸い取り、同様の活躍ができます。アブザン・デッキに《包囲サイ》が入らないなんて、考えられませんよね?

 エルフという部族はいつも、多彩な戦いができるものでした。そして、『マジック・オリジン』のエルフたちもそれは変わりません。カードを引く手段(《エルフの幻想家》)に、トークンを生み出すもの(《ドゥイネンの精鋭》)、そしてマナを加速するもの(《エルフの神秘家》)もあります。それから、いざというときに《召喚の調べ》で持ってこられるように1枚挿しされたものもクールですね。このデッキでは特に、《巨森の予見者、ニッサ》が1枚しか採用されていないのが興味深いところです。考えてみれば、《巨森の予見者、ニッサ》が欲しいのは土地を7枚用意できるときに限られますからね。このデッキでは、《先祖の結集》で墓地から戻してそのターンに変身を遂げれば、《先祖の結集》の「それらのクリーチャーを追放する」という効果を避けることだってできるのです。

Dan Musser -「エルフ・ラリー」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る