スリヴァー(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 9月 11日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 ちょうど、私が「モダンの大勢は決した」と考えていたときでした。シンシナティで行われた「SCG Open」にて、アダム・ボウマン/Adam Bowmanが革新的な「スリヴァー」デッキを駆使してトップ8に入賞したのです。スリヴァーは、『テンペスト』での登場以来、これまで3度にわたり姿を見せているメカニズムです。かつて「カウンタースリヴァー」という極めて強力なデッキを支えたこのメカニズムですが、その後は大きな活躍と無縁のものでした。

 このデッキを形にしているカードは、間違いなく「ロード」能力を持つ《筋力スリヴァー》と《捕食スリヴァー》でしょう。また《マナ編みスリヴァー》も重要な役割を持っていて、とりわけ《歩哨スリヴァー》と組み合わさることで、攻撃後にマナを生み出して呪文を唱えることが可能になります。そして、それらをまとめ上げるのが自軍全体に飛行を与える《風乗りスリヴァー》であり、こうして「マーフォーク」デッキのように手に負えないクリーチャーの軍勢を作り上げることができるのです。

 このデッキは本当にクールな動きをいくつも持っていて、先週末の放送を観た私を楽しませてくれました。ある試合で2ターン目に《捕食スリヴァー》を繰り出したアダムは、続く3ターン目に攻撃をせず3マナを構えてターンを渡しました。実況と解説も彼が攻撃しなかったことを不思議に思い、首をかしげます。ですがアダムは、対戦相手のターンに《霊気の薬瓶》から《マナ編みスリヴァー》を繰り出し、《捕食スリヴァー》をタップしてマナを生み出すと、《集合した中隊》で圧倒的な盤面を作り上げたのでした。

 「スリヴァー」デッキはまた、《壊死スリヴァー》や《調和スリヴァー》を用いて驚くほど多彩な戦い方ができます。《壊死スリヴァー》を機能させるには少々時間がかかるものの、《霊気の薬瓶》があれば対戦相手のあらゆる企みを妨害することができるでしょう。スリヴァーの軍勢で攻撃に向かい相手がダブル・ブロックをしてきたときに、《霊気の薬瓶》からスリヴァーを繰り出してブロッカーを1体破壊する動きは、とりわけ強力ですよ。それから《スリヴァーの巣》も、自軍全体から力を集めたスリヴァーをインスタント・タイミングで繰り出す、という実に見事な働きを見せてくれます。651人のプレイヤーを集めたこの大会で、ユニークな戦略を使いトップ8入賞まで登り詰めたアダムに拍手!

Adam Bowman – 「スリヴァー」

モダン
Download Arena Decklist

(デッキリスト:StarCityGames.com より引用)

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る