プロツアー『神々の軍勢』 フォトエッセイ

更新日 Daily Deck on 2014年 2月 22日

By Craig Gibson and Mike Rosenberg

原文を読む

プロツアー『神々の軍勢』は芸術科学都市で開催されています。
素晴らしい建築物が並び、特に夜はゴージャスです。


ビデオカバレージのコメンテーター、ティム・ウィロウビー/Tim Willoughy(写真左)と、
プロツアー・プラハ2006トップ8のクエンティン・マーティン/Quentin Martinが、
カバレージチームのバレンシアでの最初の夕食でウェーブを起こしていました。


プロツアーの会場は昼もやはり美しいところです。天気も最高。
私たちが前回バレンシアを訪れたときに比べれば本当にありがたい変化です。


プロツアーにようこそ! こちらの書類にサインしてください。


クールなトロフィーだけではなく、今週末の優勝者と準優勝者は多くの賞金を持ち帰ることになります。


アレックス・シットナー/Alex Sittnerの対戦相手は、勇敢にも《捨て身の狂乱》を唱えてしまいました。


クリス・フェネル/Chris Fennellのストームが吹き荒れています。


殿堂顕彰者、ジョン・フィンケル/Jon Finkelは、不安定なゲームの後でも頭を上げています。


悪の《タルモゴイフ》よ、おまえのオーナーに攻撃せよ!私ではなく、な!


リード・デューク/Reid Dukeは契約に抗わないという契約を結び、そして抗わず、勝利しました。


殿堂顕彰者、津村健志は《聖トラフトの霊》を解決してみせて満面の笑顔。


チーム「MTG Mint Card」は革新的な「ブルー・ムーン」デッキでイベントを席巻しました。


ヘイ! 土地はここだよ!


ここバレンシアに素晴らしいジャッジ・チームが集結し、プロツアー『神々の軍勢』の
トップレベルのプレイを保証しています。


さあ、素敵な朝の儀式をしましょう。コーヒーを1杯飲んで。
ペンとクリップボードを持って。プロツアーの1番ポッドでドラフトをする人々を見て。
そのピックを記録して。それをドラフト・ビューアーにまとめる。良い時間です。


プロツアーが行われるホールは素晴らしいレイアウトがなされ、
観戦者は横から多くの対戦を見ることができます。


マーティン・ジュザ/Martin Juzaがフィーチャーマッチにて、笑顔と握手とともに
あなたを打ち負かそうと襲ってきます。


ドラフト・ビューアーの記録をする人にとって、『テーロス』のカードの名前のいくつかは注意深い確認を必要とします。


赤と白のクリーチャーで対戦相手を攻撃する前には、筋肉をストレッチするのが重要です。


ニュースデスクからプロツアーの最新ニュースをお届けする、準備万端で待ちきれない3人の紳士。


67歳のマジック・ファン、エスター・モレーナ・モラレス/Esther Morena Moralesが、
プロツアーを我が家に迎えました。


モラレスさんは熱心なコレクターで、今も『神々の軍勢』のプレミアム版セットを集めています。


アーティストが来場し、その素晴らしい作品を展示しています。


マジで、このゼナゴスはスゴいっすよ。

(Tr. Yusuke Yoshikawa)

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る