今週末に迫ったプロツアー『神々の軍勢』、見どころは!?

更新日 Daily Deck on 2014年 2月 18日

 皆さんこんにちは! このたびプロツアー『神々の軍勢』のニコニコ生放送の司会を初めて務めます、鍛冶友浩です。公式ウェブサイトで連載されていた「デジタル・マジック通信」「今週のリプレイ!」で僕のことをご存知の方も多いとかと思いますが改めて自己紹介。

 僕は世界中で開催されているマジック:ザ・ギャザリングの競技大会に参加し、世界選手権2005ベスト4、プロツアーチャールストン2006 チーム戦優勝という経験をしました。元プロプレイヤーの僕の目線から、マジックを極めた世界中の人々が競い合う「プロツアー」の魅力をお伝えできたらと思います。

 今回は、今週末に迫ったプロツアー『神々の軍勢』について、僕が注目するカードやデッキ、プロプレイヤーについて紹介していきます。

 『神々の軍勢』が発売されてからそろそろ2週間が経とうとしていますが、構築戦にドラフトに、新しいカードを楽しまれていますか!? 僕はというと《クルフィックスの狩猟者》を使った面白いデッキを作りたいなとリストを眺めながら、Magic Onlineへの対応を待っていたところですが、いやはやライブラリーを公開する効果と《ドムリ・ラーデ》の[+1]能力のシナジーはなかなかのものですね。もしくは各種占術付きの土地や、1点回復と組み合わせた《テューンの大天使》との相性は…


 なんてお気楽デッキ構築の話は置いといて、今週末にスペインのバレンシアで行われる世界で最もハイレベルなトーナメントの1つ、プロツアー『神々の軍勢』のお話をしましょう。


 大会のフォーマットは、『神々の軍勢』の入ったブースタードラフトと、最新のモダン環境の構築戦の2種目混合形式で、3日間あわせて予選ラウンド16回戦、決勝ラウンド3回戦の19回もの試合が行われ、優勝者が選び出されます。

 詳しくは、 熱い戦いを観戦しよう! プロツアー『神々の軍勢』を読んでいただきたいのですが、なかなかに過酷な戦いですね。また、プロツアー『神々の軍勢』のかっこいいトレーラームービーも公開されていますのでチェックしてみてください!

 さて、今回のフォーマット「モダン」とは一体どんなものなんでしょうか?ざっくりと説明してしまいますと、2003年7月に発売された『基本セット第8版』と『ミラディン』以降の、一部を除く全てのカードが使えるという膨大な選択肢を持つ構築フォーマットです。

 『ゼンディカー』に収録された《霧深い雨林》という2つの基本土地タイプを探す通称「フェッチランド」と、『ラヴニカへの回帰』にも再録された《踏み鳴らされる地》のような2つの基本土地タイプを持つ「ショックランド」、これらの土地がどんなデッキのマナベースも支えています。

 最新のモダンの環境では、一時は禁止カードとして使用不可だった苦花》、《野生のナカティルが解禁されて、同じくモダンで開催されたプロツアー『ラヴニカへの回帰』や世界選手権でプレイされていた環境とは全くの別物となってしまいました。

 最初はおバカなアイデアに思われた組み合わせでも、デッキを練り込めばプレミアイベントでも活躍するほどに育てられるフォーマットなので、1月に行われたチェコでのグランプリ・プラハでは、《太陽の拳》で《引き裂かれし永劫、エムラクール》がたった5マナで唱えられたり!

Jan van der Vegtの『ブリキの拳』

Download Arena Decklist

 この週末にMagic Onlineで活躍したデッキのサンプルの中には、《原始のタイタン》を最速2ターン目に出せたり!と、やられる身にもなってほしいデッキをいくつか見かけられました。(しかも「契約コンボ」内蔵!)

LordCommanderSnowの『護符&集団意識』

Download Arena Decklist

こういった斬新な発想の新デッキの登場をプロツアー本戦でも期待したいですよね! おそらくトップ8だけでなく、かなりの量のデッキリストが公開されるでしょうから、こちらも楽しみです。どんな新しいアーキタイプが現れるのでしょうか…!?

 そして、このイベントへ挑戦する注目すべきプレイヤーを挙げるならば、活躍を続ける三原 槙仁(写真左)、山本 賢太郎(写真中央)の両名が間違いないでしょうが、殿堂の授賞式以来となる1年数ヶ月ぶりのプロツアー参加となる津村 健志(写真右)も是非チェックしてみてください。


 以前この公式ウェブサイトでもスタンダード攻略の連載をしてくれていた津村ですが、今回を機に本格的なプロツアー復帰を目指すのか…!? 日本を代表する現役の殿堂プレイヤーである中村 修平と一緒に、一足先に開催地のスペイン、バレンシアにて練習に励んでいるとのことです。つまり、強豪チーム・チャネルファイアーボールとの合同練習会ということなのでしょう!

 また、詳しくはわかりませんが、スターシティーゲームスの面々がチャネルファイアーボールに移籍し、チーム《裏切り者の都》と噂される調整チームも別に存在するようですが…果たして真相は? そういったことも含めてニコニコ生放送でタイムリーに紹介していきたいと思います!

ニコニコ生放送スケジュール

日程放送日放送時間放送ページ
1日目2月21日(金)PM5:00~翌AM5:00放送ページ
2日目2月22日(土)PM5:00~翌AM5:00放送ページ
3日目2月23日(日)PM6:00~翌AM4:00放送ページ

大会スケジュール

日程開催日開催フォーマット
1日目2月21日(金)『テーロス』『神々の軍勢』ドラフト3回戦、モダン構築5回戦(スイスドロー)
2日目2月22日(土)『テーロス』『神々の軍勢』ドラフト3回戦、モダン構築5回戦(スイスドロー)
3日目2月23日(日)上位8名によるモダン構築3回戦(シングルエリミネーション)

 ちなみに、今回の決勝ラウンドは全7試合が時間帯をずらしての完全放送となりました! 4卓の準々決勝が同時にプレイされていた今までとは違った進行となりますが、熱いゲームを見逃すことなく楽しめるということですね!

 それでは皆さん、ニコニコ生放送で参加プレイヤーに応援をよろしくお願いします。世界中から約300名以上、日本からも23名のプロプレイヤーも参加予定です。また、視聴者プレゼントなどニコ生向けの特別な企画もあります。ぜひご覧ください!

 それでは今週末のプロツアー『神々の軍勢』でお会いしましょう!

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る