準々決勝:塚腰 忠輝(滋賀) vs. 中島 一(東京)

更新日 Daily Deck on 2013年 12月 21日

 トップ8ラウンド・フィーチャー卓の一角。ビデオカメラが向けられる最注目のテーブルに座るふたりのプレイヤーは、お互いのトップ8入賞を祝していた。聞けば、両者ともこれが初のグランプリ・トップ8入りだと言う。初めての大舞台に緊張し、興奮した様子で言葉を交わす両者の間には、どこか穏やかな、柔らかい空気が感じられる。

 しかし、今ここにあるのは、彼らが激戦を勝ち抜きトップ8に名を連ねたという事実と、これから更なる高みへ登るための戦いだ。

「太陽の勇者」を味方につけた塚腰 忠輝か。

「タッサの加護」を受けた中島 一か。

 真剣勝負を心から楽しみ、ときおり笑顔を見せる両者の戦いの行方は――


    塚腰 忠輝(青白タッチ赤コントロール) vs. 中島 一(青単信心)

 スイス・ラウンドの結果、順位で上回った中島が先手。《審判官の使い魔》を2体続けて繰り出した後に《海の神、タッサ》と軽快に展開する。

 そこへ、並んだ《審判官の使い魔》に塚腰の《拘留の宝球》。出鼻をくじかれた形になった中島だが、続く4ターン目、手札から《波使い》が飛び出す。「青単信心」理想の動きだ。

中島 一

 塚腰が土地を置いてターンを返すと、中島は少し間を置いて2枚目の《波使い》をキャスト。これは塚腰が《解消》を使い、通さない。ターンをもらうと、《思考を築く者、ジェイス》を呼び寄せ、[+1]能力で守りを固める。

 早い段階で出た《海の神、タッサ》が中島のドローを助ける。中島は《夜帷の死霊》を着地させ、顕現した《海の神、タッサ》とともに全軍攻撃。パワーを下げられた上から《思考を築く者、ジェイス》を打ち倒してみせる。

 《夜帷の死霊》を《今わの際》で対処した塚腰だが、中島の攻勢は緩まない。《波使い》とエレメンタル・トークンで攻撃し、《凍結燃焼の奇魔》を追加する。

 まだXの値が十分でない《スフィンクスの啓示》で解決策を探す塚腰。自ターンのドローまで見て、まさに怒涛のごとく襲い来る青単の攻撃を防ぎ切れないことを悟ると、彼はカードを片付けた。

塚腰 0-1 中島

 2ゲーム目もふたたび《審判官の使い魔》2体展開からスタートする中島。すると、塚腰も《拘留の宝球》で応える。続く中島の《海の神、タッサ》まで、1ゲーム目と同じ展開だ。

 中島の4ターン目は《思考を築く者、ジェイス》。続くターンに《夜帷の死霊》を追加し《海の神、タッサ》を顕現させる。勢いそのままに攻撃へ向かうものの、塚腰が《夜帷の死霊》へ《今わの際》。《海の神、タッサ》がクリーチャーとして居るために必要な「信心」を奪った。

 塚腰の《スフィンクスの啓示》は《解消》で対応する中島。これで中島がフルタップになった隙に、塚腰は《太陽の勇者、エルズペス》を着地させる。


塚腰 忠輝

 返しのターン、中島の《思考を築く者、ジェイス》が彼に《夜帷の死霊》をもたらし、《海の神、タッサ》はふたたびクリーチャーへ。ブロック不可の攻撃で《太陽の勇者、エルズペス》を退場させる。

 《夜帷の死霊》を《拘留の宝球》で除去し、再度《海の神、タッサ》をクリーチャーでないパーマネントに戻す塚腰。《変わり谷》と兵士トークンで攻めに転じる。《変わり谷》の攻撃により、中島は《思考を築く者、ジェイス》を落とされ、自身も兵士・トークンの攻撃を受けた。

 中島は《漸増爆弾》と《審判官の使い魔》を戦場へ。盤面は決して思わしくない。塚腰の2発目の《スフィンクスの啓示》は《反論》で防ぐものの、返しのターンで《霊異種》を着地させてしまう。

 それでもふたたび《思考を築く者、ジェイス》を引き込んだ中島は、さらに《審判官の使い魔》を盤面へ加える。これで《海の神、タッサ》は3度目のクリーチャー化を果たし、塚腰のライフをひと桁まで追い詰めた。

 《霊異種》の攻撃で《思考を築く者、ジェイス》は退場し、《海の神、タッサ》はまたもや非クリーチャーへ。2つの《拘留の宝球》を破壊すべく蓄積カウンターを載せていた中島の《漸増爆弾》も、その目標達成直前に《拘留の宝球》を受けてしまう。思わず頭を抱える中島だが、彼の持つ青への信心深さが3枚目の《思考を築く者、ジェイス》を呼び込み、《海の神、タッサ》が彼の力になる。

勝利の女神

 自身の兵士トークンに《今わの際》を撃ちこみ、首の皮一枚残す塚腰。最後まで諦めず中島の動きを見届ける。《ニクスの祭殿、ニクソス》から生み出されたマナが《変わり谷》2枚と《海の神、タッサ》をブロック不可にし、中島が全軍攻撃を命じると、塚腰は右手を差し出し握手を求めた。

塚腰 0-2 中島

 中島 一、準決勝進出!

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る