第3回戦:浅原 晃(神奈川) vs. 里中 健太郎(奈良)

更新日 Daily Deck on 2013年 12月 20日

 昨晩の雨模様から一転、快晴で迎えたグランプリ・静岡。霊峰・富士を擁する静岡に集った1784人の「登山者」は、ふたつの道に分かれ、頂上を目指して登り始めた。

 そして今、ここフィーチャー・テーブルに差しかかったプレイヤーがふたり――浅原 晃、里中 健太郎の両名だ。


 言わずと知れたデッキビルダーの浅原。今大会に持ち込んだデッキは調整を繰り返し、独自のチューンを施しているようだ。周りから送られる「『これは強い』って言ってた」との声に「強い時代はもう終わった」と返し渋い笑みを浮かべる浅原だが、どこか不敵なものも感じられる。

 一方の里中はグランプリ参加3回目のフレッシュなプレイヤーだ。カメラを向けられると、それに緊張した様子で応じる。それでもシャッフルの所作は落ち着いていて、集中は乱れていないようだ。

 ともに1敗を喫している両者。ここで踏みとどまれるのはどちらか。

    浅原 晃(青黒) vs. 里中 健太郎(コロッサル・グルール)
浅原 晃

 浅原が先手を取り、ゲームスタート。両者とも動き出しは快調で、1ターン目は互いに《欺瞞の神殿》、《奔放の神殿》と置き合うと、浅原の2ターン目《群れネズミ》には里中が《ミジウムの迫撃砲》で応えた。続くターン、浅原の《夜帷の死霊》に対し里中は《魔女跡追い》を展開。浅原は空から2点のダメージを与え戦いの火蓋を切るが、そのまま4マナを構えてターンを渡した。

 《魔女跡追い》で殴り返した里中は、《ニクスの祭殿、ニクソス》とマナ・クリーチャーを追加してエンド――そのとき、浅原の手札から《概念泥棒》が瞬速で姿を現す。

こいつが盗むものは……?

 ターンが返ってくるなり浅原が続けて唱えたのは、なんと《囁く狂気》。《概念泥棒》が戦場にあるため、「各プレイヤー」が引くはずのドローはすべて浅原のものになるのだ。さらにこれを《夜帷の死霊》へ「暗号化」すると、爆発的なカード・アドバンテージが奔流となり浅原のもとへ流れ込んだ。里中はあっけに取られたように見守ることしかできない。



 ところが、里中もその返しにビッグ・アクションを見せる。里中のトップは……《獣の統率者、ガラク》![+1]能力で負けじとアドバンテージを取ると、《ニクスの祭殿、ニクソス》を絡めて強烈な展開力を見せる。

 続くターン、浅原はじっくり考えたのちに《夜帷の死霊》で攻撃。暗号化された《囁く狂気》が解き放たれ、14枚のカードを浅原にもたらす。浅原は《群れネズミ》を盤面に追加し、残す手札を吟味してターンを返した。

 里中も《獣の統率者、ガラク》で着実にクリーチャーを補充し、高い信心から大量マナを生み出すと、盤面をクリーチャーで埋め尽くしていく。《狩猟の神、ナイレア》も戦場へ降り立ち、タフネスの低い浅原の軍勢は里中の攻勢を防ぎ切れない。

 《旅するサテュロス》が《ニクスの祭殿、ニクソス》をアンタップし、合計20マナが《狩猟の神、ナイレア》の力を帯びて《魔女跡追い》へ注がれる。ここまで激しい戦闘のなかったこのゲームだが、一撃で浅原は窮地に立たされた。

 ターンをもらい熟考する浅原。「ありません」とぽつり。

浅原 0-1 里中

里中 健太郎

 第2ゲームは里中の《炎樹族の使者》からスタート。浅原は《変わり谷》で《炎樹族の使者》の攻撃を防ぐものの、動きが鈍い。黒マナの供給が遅れ、手札に黒いカードが停滞しているようだ。

 一方、《世界を喰らう者、ポルクラノス》、《魔女跡追い》、《霧裂きのハイドラ》と脅威を繰り出し続ける里中。浅原がようやく黒マナを得た頃には、盤面の不利を覆す猶予は残っていなかった。

浅原 0-2 里中

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る