第9回戦:山本 賢太郎(埼玉) vs. 樋口 証(神奈川)

更新日 Daily Deck on 2013年 12月 20日

 混迷を極める現スタンダード環境においても、戦いが繰り返されるうちにプレイヤーたちはふるいにかけられ、収束していく。1784人を集めた今回のグランプリも、初日を突破するのは200人ほどだ。

 だがその中に、山本 賢太郎が入らないことがあろうか。

山本 賢太郎

 山本は今年、プロツアー「テーロス」トップ8入賞に加え、直近の日本開催のグランプリでも2大会連続でトップ8入賞を果たしている。今間違いなく「脂の乗った」プレイヤーだ。グランプリ・北九州での「黒緑コントロール」、プロツアーでの「黒単信心」を経て、今回は「白青赤コントロール」を携えての登場だ。

 一方、神奈川でPWCを中心に活動する樋口 証が使用するのは、「黒単信心」から派生したオルゾフ。このデッキを選択した理由として、彼は「受けの広さ」を挙げた。

「ほとんどのデッキに対応できるのが『黒単』で、その黒単に向けてメインから《ヴィズコーパの血男爵》を採用できるので」試合後、樋口はそう語った。

 7勝1敗で迎える最終戦、ともに初日抜けは確定しているが、ここでもうひとつ歩みを進めておきたいところだ。


    山本 賢太郎(白青赤コントロール) vs. 樋口 証(白黒)

 両者とも初手に恵まれず、最終的に山本6枚、樋口5枚でゲーム・スタート。タップインの土地を並べて様子見を終えると、樋口は《思考囲い》で山本の手札を攻める。1枚目は《解消》で防ぐ山本だが、2枚目が解決され、残る呪文が《今わの際》のみというハンドを明かされてしまう。

 一方ダブルマリガンを喫した樋口だが、しかしその後のドローは好調だ。盤面へ《冒涜の悪魔》を繰り出すと、これは《アゾリウスの魔除け》でライブラリー・トップへ送られるものの、《地下世界の人脈》を続け、山本に息をつかせない。

 山本も《思考を築く者、ジェイス》で突破口を探る。ジェイスは[-2]能力を一度使った返しの攻撃で落とされたが、山本は《太陽の勇者、エルズペス》を盤面へ。空から襲い来る《夜帷の死霊》は《今わの際》で対処する。

 続けて引き込んだ2枚目の《思考を築く者、ジェイス》が[-2]能力を起動すると、公開されたのは《スフィンクスの啓示》、《至高の評決》、《拘留の宝球》という強烈な3枚。樋口は苦しい表情で《スフィンクスの啓示》とその他2枚を分け、山本は手に入れた2枚と強力な2体のプレインズウォーカーで盤面を制圧する。


 攻撃を通すのが困難になった樋口だが、《アスフォデルの灰色商人》を2ターン続けて繰り出し、山本のライフを6まで落とした。山本は一度[+1]能力を挟んだのちに《思考を築く者、ジェイス》の[-2]能力を起動。ふたたび《スフィンクスの啓示》が現れ、山本の手札に加わる。

 樋口は《変わり谷》2体を含めた全軍で《太陽の勇者、エルズペス》へ攻撃。しかし、すでに8体と膨らんでいた山本の兵士たちがそのすべてをシャット・アウトする。

 《スフィンクスの啓示》により完全に息を吹き返した山本。《至高の評決》が決まると、樋口は投了を余儀なくされた。

樋口 0-1 山本


 2ゲーム目は樋口の《生命散らしのゾンビ》からスタート。《スフィンクスの啓示》2枚を含む「濃い」ハンドを公開する山本だが、しかし土地に不安が残る。

 心配は的中。山本の土地は青マナが出ないもの3枚で止まってしまう。「手札破壊がある相手にマリガンはリスクが高くて......」と試合後に述べた山本だが、《凱旋の神殿》がもたらす占術は彼を助けなかった。

 続く《罪の収集者》で《至高の評決》を抜き去る樋口。《罪の収集者》は《今わの際》で除去されるものの、《地下世界の人脈》が続く。

 返しの山本のドローは《平地》。青マナ源を引けない。樋口の盤面に《アスフォデルの灰色商人》が追加され、次のドローを確認すると、山本はカードを片付けた。

樋口 1-1 山本


 3ゲーム目を前にしても、あくまで冷静にシャッフルを行う両者――ただ、戦う。最後の最後まで。

 山本が2ターン目《管区の隊長》を繰り出すが、樋口はそれを《異端の輝き》で即除去。樋口の《夜帷の死霊》は《解消》を受けたものの、《罪の収集者》が山本に突き刺さる。山本はこれ以上打ち消し呪文がないこと、そして脅威に対処する手段がないことを公開してしまったのだ。山本は《凱旋の神殿》の占術で見たカードをライブラリーの上へ。

 前方確認を終えた樋口は《ヴィズコーパの血男爵》を着地させ、さらに《冒涜の悪魔》も盤面に加えた。

 先ほど山本がライブラリーに残したのは《スフィンクスの啓示》だった。X=3で樋口の盤面への解答を探しにいく。《冒涜の悪魔》は《拘留の宝球》に収めたが――《ヴィズコーパの血男爵》が止められない。次第にライフ差が開き、山本は追い詰められる。

 樋口の《思考囲い》に対応して、自身のクリーチャーへ《今わの際》を差し向け命を繋ぐ山本。残る手札は《平地》のみだ。樋口は《ヴィズコーパの血男爵》で攻撃後《アスフォデルの灰色商人》。山本のライフは残り1点に。

 樋口の次のターン、《変わり谷》を含めた全軍での攻撃を見届けると、山本は投了の意思を示した。

山本 1-2 樋口

樋口 証

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る