第13回戦:長島 誠(山梨) vs. 木原 惇希(新潟)

更新日 Daily Deck on 2013年 12月 21日

 スイスラウンド終了まであと3回戦。ここではトップ8へ崖っぷちとなった2敗同士のマッチアップから、新潟の木原と山梨の長島の対戦をお届けする。


    ゲーム1

 《欺瞞の神殿》《平地》と置き、長島の《群れネズミ》を《中略》した木原だったが、土地が3枚で止まってしまう。ここぞとばかりに畳み掛ける長島は《冒涜の悪魔》《夜帷の死霊》とプレイ。《冒涜の悪魔》は《中略》されるものの、《夜帷の死霊》は戦場に無事着地。

長島 誠

 一方、木原はすぐに土地を引き込み《思考を築く者、ジェイス》をプラス能力で起動。《夜帷の死霊》を牽制する。

 長島は2体目の《夜帷の死霊》をプレイして、木原の《思考を築く者、ジェイス》を自由にさせまいとするが、ここに木原の《至高の評決》が突き刺さる。


 仕方なく《アスフォデルの灰色商人》をプレイした長島だったが、木原の《思考を築く者、ジェイス》でめくれたカードが《変わり谷》《予言》《拘留の宝球》で顔を歪める。しかもプレイされたのは《太陽の勇者、エルズペス》!


 長島は《地下世界の人脈》をプレイしてすぐにドローするも解決策はみつからず、次のジェイスの能力で《解消》がめくれたところで投了を宣言した。

長島 0-1 木原

    ゲーム2

 1本取り返したい長島だったが、マリガンをして6枚からのスタートとなった。2ターン目に《強迫》をプレイすると、木原の手札は《テューンの大天使》《拘留の宝球》《今わの際》《予言》《スフィンクスの啓示》と非常に濃い内容。ここから少し考え、手札の《地下世界の人脈》を確認すると《拘留の宝球》を選択した。

 ところがマリガンした長島は土地の3枚目を引けなかった。仕方なく《思考囲い》をプレイすると木原が《拘留の宝球》を引き直しており驚愕の表情。プランの変更を余儀なくされ《予言》を抜く。


 ここから土地を2連続で引いた長島。《冒涜の悪魔》をプレイするもそれは《解消》され、《地下世界の人脈》も《中略》。その次のターンにプレイした《死者の神、エレボス》は《拘留の宝球》と完璧に捌かれてしまう。

 2体目の《冒涜の悪魔》が《至高の評決》されたところで、長島は《思考囲い》を引き即座にプレイ。《スフィンクスの啓示》《テューンの大天使》《思考を築く者、ジェイス》《今わの際》から《スフィンクスの啓示》を抜く。

 《変わり谷》を引いた木原は《テューンの大天使》をプレイ。次のターンには、引いた《予言》から《今わの際》で長島の《夜帷の死霊》を除去すると攻撃を開始。

木原 惇希

 ブロッカーとして《冒涜の悪魔》は《拘留の宝球》され、ドローを見たところで、長島は投了。

長島 0-2 木原

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る