「セカンド・チャンス」(カジュアル)

更新日 Daily Deck on 2015年 6月 25日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日ご紹介するデッキは、アリ・メドウィン/Alli Medwinが教えてくれたものです。アリは「Magic Online」のエディターとして開発部に所属しています。私が開発部のみんなに「みんなのオリジン・ストーリー・デッキを探している」と話したとき、最初に手を挙げたのが彼女でした。かつて、彼女はゲーム店で働いていました。店舗に集まるプレイヤーは競技志向の強い人ばかりでしたが、アリはその空気に染まることは一切ありませんでした。お気に入りのデッキの思い出を、彼女は次のように語ってくれました。

 1999年のはじめ頃、私はゲーム店で働いていました。何度か辞めたりまた始めたりしながら数年間続けましたが、この仕事は本当に楽しいものでした。たくさんマジックで遊んで、それがお金になる。十代の私は夢を叶えていました。私は競技マジックには一度も触れませんでした。そんなことより、マジックのカードを使って優雅で甘美なことをするのに夢中だったんです。ええ、勝つことよりもね。何かを成し遂げるのに、2枚のカードを使う方法とは別に6枚のカードを使う方法があったら、そしてその6枚のカードを使う方法が複雑な道のりを行くものだったら、私は迷わずそっちの方法を選ぶでしょう。

 もちろん、負け続けましたけどね。

 『ウルザズ・レガシー』が登場した当時は、誰もが興奮を抑えられない強烈なカードが多くありました。《錯乱した隠遁者》、《霊体の先達》、そしてあの《記憶の壺》(これはあまりに強すぎて、あっという間に禁止になりました)。そんな中、私が夢中になったカードは?《流転の護符》ではありませんよ。そんな単純なものなんていりません。私は、この逸品を見た瞬間、恋に落ちたのです。

 このデッキの目的は、《セカンド・チャンス》で無限ターンを得ることです。ええ、《セカンド・チャンス》は生け贄に捧げられてしまいますよね。だからこそ、《オームの頭蓋骨》が頼りになるんですよ。それらが揃えば、毎ターンわずかの低コストで、好きなだけターンを得ることができるんです! 無限ターンを得てしまえば、あとはブロックされないクリーチャーで2点ずつ……何度も攻撃して、対戦相手を倒すだけです。《幻影の戦士》は、まさにうってつけなカードでした。私が持っていなかった、ということを除けば。私は「ブロックされないクリーチャー」の枠に、余るほど持っていて、とってもかわいい《活発なビーブル》を採用したのです。《幻影の戦士》より確実でないものの、対戦相手がアーティファクトをコントロールしていれば「ブロックされなくなる」ことに変わりはありません。そこで私は、《アシュノッドの人体改造器》を使って相手がアーティファクトをコントロールしている状況を作り出したのでした。それから、いざとなれば空から攻撃できる《変異種》も控えていますよ。

 《悟りの教示者》は、コンボに必要なパーツを持ってきてくれます。《濃霧の層》と《ルーンの母》は計画がうまくいくまでの間私を守ってくれます。そして、クリーチャーが死亡したら《蘇生の天使》がそれを戦場に戻してくれます。生け贄に捧げた《蘇生の天使》は《オームの頭蓋骨》で回収し、その《オームの頭蓋骨》が破壊されるなら《Argivian Archaeologist》で手札に戻してやりましょう。

 私はこれまで数え切れないほどのデッキを使ってきました。それでも、このデッキほど愛せるものは他にありません。正直なところ――今こそこのデッキに、「セカンド・チャンス」を与えたいと思っていますよ。

Alli Medwin -「セカンド・チャンス」

カジュアル
Download Arena Decklist
ソーサリー (1)
1 神の怒り
インスタント (6)
2 Enlightened Tutor 4 剣を鍬に
アーティファクト (4)
2 Ashnod's Transmogrant 1 Citanul Flute 1 Lifeline
エンチャント (7)
3 崇拝 3 Second Chance 1 Angelic Renewal
他 (4)
4 オームの頭蓋骨
60 カード

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る