青緑スレッショルド(過去のスタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 6月 26日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日ご紹介するデッキは、アダム・プロサック/Adam Prosakから聞き出したものです。彼はマジック開発部のデベロッパーで、この「Daily Deck」のコラムを書いていたこともあります。『Tempest Remastered』ではリード・デザイナーを務め、デベロップ・チームでは、例えば『Vintage Masters』や『タルキール覇王譚』、『モダンマスターズ 2015年版』などに携わりました。アダムはまた開発部でも屈指のデッキ・ビルダーで、現在のFFL(フューチャー・フューチャー・リーグという、スタンダードで行われる社内リーグ戦)を取りまとめています。

 私がアダムにお気に入りのデッキを尋ねると、彼は快く「青緑スレッショルド」について語ってくれました。『インベイジョン』~『オデッセイ』期のスタンダードでは、青緑のデッキが最強を誇っていました。ですが当時の青緑といえば、普通は「マッドネス」を駆使したものでした。《アクアミーバ》や《野生の雑種犬》といった能動的に手札を捨てることのできるカードを、「手札から捨てたいカード」と組み合わせる戦略です。このデッキには、《日を浴びるルートワラ》や《尊大なワーム》、《ワームの咆哮》、《堂々巡り》など、手札から捨てることで効果が高まるカードが採用されているのです。

 アダムのデッキは「マッドネス」の形とは少し異なるものでした。彼も自身の手札を捨てることでカードの効果を高めていたのですが、「マッドネス」呪文を唱えるのではなく、「スレッショルド」を達成するために必要な7枚のカードを墓地へ送ることを目指したのでした。この恩恵を一番受けるのが《敏捷なマングース》と《熊人間》であり、彼のデッキの主な勝ち手段でした。ですがそれでも、3/3や4/4ではまだ勝ち手段としては細いという問題を抱えていました。そこで《激動》の出番です。

 《激動》は極めて強力なカードです。これがあるおかげで、ドロー・カードを唱え、土地を並べ、脅威となるものを次々と打ち消し、コントロール寄りの動きができるのです。勝機がきたら、土地をすべてタップしてから《激動》を唱えます。そして浮いたマナで《敏捷なマングース》や《熊人間》を唱え直すのです。こちらの戦場には脅威となるクリーチャー。対戦相手の盤面にパーマネントはなし。勝利を掴むのはたやすいはずです!

 アダムはこの「青緑スレッショルド」を操り、2002年のオハイオ・バレー地区選手権でトップ8に入賞しました。間もなくして「Magic Online」が稼働すると、彼はすぐにこのデッキを作りました。「青緑スレッショルド」は、彼の愛する《マーフォークの物あさり》との出会いをもたらし、彼のマジック・キャリア序盤の成功の証となったのでした。

 アダム、素晴らしい話を聞かせてくれてありがとう!

Adam Prosak -「青緑スレッショルド」

過去のスタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る