Norritt(過去のType1)

更新日 Daily Deck on 2015年 7月 7日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日ご紹介する「オリジン・ストーリー・デッキ」は、マジック開発部上級ゲーム・デザイナー、ケン・ネーグル/ Ken Nagleのものです。彼は「グレート・デザイナーズ・サーチ」の決勝まで進んだことをきっかけにデザインのインターンシップを経験し、2006年からウィザーズ社の一員になりました。インターン期間終了後に正社員として登用されたケンは、それ以来今に至るまで強い存在感を発揮しています。リード・デザイナーを務めたセットが6つを超える彼ですが、何よりも《Norritt》というマジックのカードを愛することで知られています。

 ええと、《Norritt》は、青のクリーチャーをアンタップする能力とクリーチャー1体に攻撃を強制する能力を持った、4マナ1/1の黒のクリーチャーです。何があっても、このカードをマーク・ローズウォーター/Mark Rosewaterに見せてはいけませんよ。この小さなクリーチャーには、カラー・パイ上の問題が多々ありますから。

 皆さんのご想像通り、この《Norritt》を中心に組まれた青黒のクリーチャー・デッキこそ、ケンが初めて組み上げたものでした。《Norritt》で青のクリーチャーをアンタップできると気づいたそのとき、ケンはその恐ろしさに震え、すぐさまこの美しすぎるカードを中心にデッキを作りました。このデッキには、面白いコンボが搭載されています。魅力的な起動型能力を持つ青のクリーチャーをアンタップできるのです! これで《ズアーの投呪士》や《Reveka, Wizard Savant》が主力のダメージ源となり、対戦相手のクリーチャーは《Skeleton Ship》と《時の精霊》が対処してくれます。

 このデッキには《太陽の指輪》や《道化の帽子》といった(当時の)制限カードに加えて、《マハモティ・ジン》や《ネブカドネザル》のような強力なクリーチャーも1枚ずつ採用されています。ご存じない皆さん、クリーチャーは時を経て大きく進歩しているんですよ!

 ケンはなんと『リバイズド』の基本土地を入れたままの「オリジン・デッキ」を今でも持っていて、職場へ持参して私に見せてくれました! 見るからに使いたくてわくわくするデッキですね。ケンが当時、「ネクロ」などの人気デッキを相手にどのように戦ったのか、私にはまったく想像がつきませんが、このかわいい《Norritt》を中心に組んだデッキは素敵だと思います。

Ken Nagle -「Norritt」

過去のType1
Download Arena Decklist
ソーサリー (5)
4 Diabolic Vision 1 Demonic Tutor
インスタント (4)
4 Dark Ritual
アーティファクト (6)
2 Icy Manipulator 1 Jester's Cap 1 Jayemdae Tome 1 Zuran Orb 1 Sol Ring
エンチャント (2)
1 Steal Artifact 1 Control Magic
60 カード

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る