ゴブリン(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 7月 15日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 『マジック・オリジン』の発売までもう数えるほどとなりましたが、その中で私がデッキ構築を一番楽しみにしているのは《ゴブリンの群衆追い》です。私は《ゴブリンの群衆追い》と、長年にわたって楽しく付き合ってきました。『オンスロート』の頃と比べてパワーレベルが落ちているのは否めませんが、現在のスタンダードにもモダンにもゴブリンはたくさんいるため、このカードが輝ける場所はきっとあるはずです。

http://media.wizards.com/2015/images/daily/cardart_ORI_GoblinPiledriver.jpg

ゴブリンの群衆追い》 アート:Matt Cavotta

 前回の「SCG Standard Open」は、数週間前にボルチモアにて開催されました。ですが、トップ8デッキリストを見ても新しいものには出会えないだろう、と私は半ば諦めていました。プレイヤーの皆さんの興味は『マジック・オリジン』へと向かっていて、すでに新たなカードを使うアイデアが生まれてきています。もう間もなく変化を迎えるこのフォーマットで、今新しいデッキを作ることにあまり意味はないのです。しかし驚いたことに、私は偶然にも、その「新しいデッキ」を見つけてしまいました。6位に入賞したボビー・バーミンガム/Bobby Birminghamのものです。このデッキは一見他の「赤単アグロ」デッキとよく似ていますが、そこにはあるテーマがあります。デッキ内のほぼすべてのクリーチャーが「ゴブリン」なのです。

 このデッキは、《ゴブリンの群衆追い》を加える「ゴブリン」デッキの雛形として申し分ない出来です。《僧院の速槍》は優秀なカードですが、「ゴブリン」というテーマに合わないので、《ゴブリンの群衆追い》と入れ替えるならここでしょう。それから、私は《地底の斥候》の採用も検討しています。それ自身がゴブリンであるだけでなく、攻撃前に《ゴブリンの群衆追い》を対象に能力を使うことで、強化した攻撃を通せるのです。

 このデッキのお気に入りを挙げるなら、《ウルドのオベリスク》ですね。このデッキでなら早ければ3ターン目にはこれを唱えることができ、自軍全体に+2/+2の修整を与えるというのは対戦相手にとって容易でないものになります。なんと《軍族童の突発》が3マナでパワー9の怪物に変貌するのです! 1年前に世に出たものの、《ウルドのオベリスク》はスタンダードでそこまでの人気を集めませんでした。それでもこのカードは、トークンを主体にしたデッキではマナを使わずに唱えることも可能な、非常に強力な1枚となるでしょう。

Bobby Birmingham -「ゴブリン」

SCG Standard Open Baltimore 6位 / スタンダード
Download Arena Decklist
ソーサリー (8)
4 軍族童の突発 4 ドラゴンの餌
インスタント (12)
4 かき立てる炎 4 稲妻の一撃 4 タイタンの力
アーティファクト (4)
4 ウルドのオベリスク
土地 (20)
20
60 カード

デッキリスト:StarCityGames.com より引用

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る