Fro-bots(ヴィンテージ)

更新日 Daily Deck on 2015年 7月 16日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 Magic Onlineのいいところのひとつは、あらゆるフォーマットをいつでも楽しめることだと私は思います。ほとんどのマジック・プレイヤーは、紙のカードでヴィンテージをたしなみません。このフォーマットでほぼ必須とされる「パワー9」[1]があまりに入手困難だからです。ところが、Magic Onlineではまったく話が変わります。「パワー9」や《Mana Crypt》、《Mishra's Workshop》といった貴重なカードの数々が比較的楽に手に入るMagic Onlineでは、紙のマジックよりヴィンテージへの参入が簡単なのです。

 本日ご紹介するデッキは、「スタックス(Stax)」という名前でよく知られている古くからヴィンテージに存在するアーキタイプを元に、革新的な変更を加えたものです。《煙突》(Smokestack)にその名を由来するこのアーキタイプには、マナを生み出すアーティファクトと、《虚空の杯》や《磁石のゴーレム》、《抵抗の宝球》といった「プレイを阻害する」カードが大量に採用されています。それらを用いたこのデッキの戦略とは、強烈なマナ加速から対戦相手の唱える呪文のコストを重くするカードに繋げることです。さらに《不毛の大地》や《露天鉱床》を組み合わせることで、相手は呪文を唱えるための土地すら奪われ、ゲームに干渉する手段を失ってしまうのです。

 Montolioはこのデッキを操り、Magic Onlineのヴィンテージ・デイリー・イベントで4戦全勝を果たしました。彼の使ったデッキは、これまでの「Stax」デッキとは異なります。《鋼のヘルカイト》や《映し身人形》といった大型のアーティファクト・クリーチャーを用いず、《電結の荒廃者》や《ファイレクシアの破棄者》のような軽量クリーチャーを駆使したのです。コストの軽いクリーチャーは小回りが利き、序盤に繰り出した1体がそのまま最後まで殴り続ける、ということもよくあります。とりわけ《電結の荒廃者》は、ゲームが進むにつれて効果が弱まる《からみつく鉄線》や「Mox」を生け贄にして、自身を強化できるのです。

 ヴィンテージのメタゲームには、《若き紅蓮術士》や《瞬唱の魔道士》といったクリーチャーが溢れています。そこで《火と氷の剣》を追加したというのは、見事な判断だと思います。それから、(普通は《石鍛冶の神秘家》とセットで使われる)《殴打頭蓋》もこのデッキにぴったりです。このデッキでなら、実に簡単に5マナを生み出せるのですから。

Montolio -「Frobots」

ヴィンテージ
Download Arena Decklist

[1] 「パワー9」とは、『アルファ版』『ベータ版』『アンリミテッド』にて収録された、歴代最強の9枚として広く知られている以下のカードを指します。

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る