赤単アグロ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 7月 31日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 「赤単アグロ」は、かなり安定して活躍を見せるデッキです。あらゆる大規模イベントでトップ8あるいはトップ16に、少なくともひとつは「赤単アグロ」の姿が見受けられます。このデッキは大きな変化を見せていないため、プレイヤーたちの注目は受けませんでした。しかしリッチモンドで7月25日に行われた「SCG Open」(リンク先は英語)にて、《カラデシュの火、チャンドラ》に注目した新たな赤単デッキが登場したのです。

 私が開発部の仕事に携わるようになった当初、新たな両面プレインズウォーカーたちの存在に私は本当に心を躍らせました。みんな極めて強大な力を持っているように私は感じ、早く彼らを中心にしたデッキの構築がしたくてたまりませんでした。そして私は気づきます。FFL(フューチャー・フューチャー・リーグという、スタンダードで行われる社内リーグ戦)で一番使われていないのが《カラデシュの火、チャンドラ》であることに。そこで私は、その状況を変えようと決めました! 私がFFL向けに組んだ初めてのデッキは、《カラデシュの火、チャンドラ》を採用した赤単デッキでした。実はそのデッキが、今回ご紹介しているアッシュ・デュルベック/Ash Durrbeckのものとよく似ていたのです。それは、「疾駆」を持つクリーチャーを多く採用し、《極上の炎技》を添えた爆発力のあるものでした。

 《カラデシュの火、チャンドラ》を変身させる上で、「疾駆」メカニズムは非常に重要な役割を持ちます。「疾駆」クリーチャーは手札に戻るため、《カラデシュの火、チャンドラ》をアンタップさせる赤の呪文をより多く確保できるのです。「疾駆」クリーチャーたちはそれ単体でも強力であり、このデッキにうってつけと言えるでしょう。

 『マジック・オリジン』で登場した新たなカードとしては、《極上の炎技》もまたアッシュのデッキの活躍を支えた1枚です。これでこのデッキには4点のダメージを与える火力が2枚になり(1枚目は《かき立てる炎》です)、加えて《稲妻の一撃》や《乱撃斬》も搭載されているため、対戦相手を焼き尽くすプランも十分にあり得ます。さらに「魔巧」を達成していれば《極上の炎技》は打ち消されず、それが大きな意味を持つことも多いでしょう。

 《カラデシュの火、チャンドラ》が活躍し大会でトップ8入賞という結果を出したことは、嬉しくて仕方がありません。彼女が《燃え盛る炎、チャンドラ》に変身したのを目の当たりにしたら、なおさらです。トップ8で惜しくも敗退しましたが、チャンドラがスタンダードで行われた大規模イベントで活躍する姿を見ることができて、私は大満足です。

Ash Durrbeck -「赤単アグロ」

スタンダード
Download Arena Decklist

(デッキリスト:StarCityGames.com より引用)

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る