アブザン「星座」(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 8月 5日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 『マジック・オリジン』の白のテーマはエンチャントであり、同時に《空位の玉座の印章》が帰ってくるということを知ったとき、私はそれを中心にしたデッキ構築に意欲を燃やしました。その後私は《ニクスの星原》と出会い、その想いをさらに高めたのです。《ニクスの星原》と《空位の玉座の印章》は相性抜群で、そこへ《開花の幻霊》をはじめとした『テーロス』ブロックのエンチャント・テーマを組み合わせてやれば実現可能だと私は確信していました。

 ときは2000年、当時のスタンダード(そのころは「Type2」と呼ばれていました)で最も人気のデッキのひとつに、「補充」というものがありました。「補充」デッキは、墓地を素早く肥やしたのちにゲームの決め手となる《補充》を唱えるコンボ・デッキです。《調律》や《大あわての捜索》がエンチャントを墓地へ送る優れた手段として働き、そして《オパール色の輝き》がエンチャントすべてを強力なアタッカーへと変貌させていました。このデッキにはクリーチャーや土地を除去するエンチャントまであり(《パララクスの波》と《パララクスの潮流》)、対戦相手に妨害を許しませんでした。

 《ニクスの星原》は私に、このかつての「補充」デッキを様々な面で思い起こさせます。これは《オパール色の輝き》と《補充》をひとつのカードにまとめたような1枚なのです。もちろん、《ニクスの星原》は一度にすべてのエンチャントを戦場に戻すわけではありませんが、ゆっくりと小さなアドバンテージを積み重ねてくれます。15年前のエンチャント・デッキと比べると、今回は「デッキ内のエンチャントの多くがクリーチャーでもある」という大きな違いがあります。クリーチャーは、除去や戦闘での相討ちで死亡します。つまり、《ニクスの星原》で戦場に戻すカードがなくて困ることはないのです。

 『マジック・オリジン』にはもうひとつ、このデッキにぴったりなカードがあります。それは《万神殿の伝令》です。もちろん《アルゴスの女魔術師》の代わりにはなれませんが、エンチャントのコストを下げる効果は、きっと爆発的なターンをもたらすことでしょう。それから、ライフ回復もいぶし銀の活躍を見せますよ!

John Taylor -「アブザン『星座』」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る