緑白・大変異(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 8月 18日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 2週間前に行われたグランプリ・サンディエゴ2015(リンク先は英語)では、アグレッシブな緑白デッキがいたるところで見受けられました。このデッキは、プロツアー『マジック・オリジン』でブライアン・キブラー/Brian Kiblerが使用し、見事な成績を収めたものです。ところがドラフトでの成績が振るわず、そのときは彼のデッキに注目が集まることはありませんでした。その後キブラーが「GPサンディエゴで勝ちたかったら俺のデッキを使え」とツイートしたことで、人々は耳を傾けたのです。緑白デッキは会場全体で大きな人気を集め、多くのトップ・プロもまたそのデッキを選択しました。多くの使用者を集めたこのデッキですが、その中でローレン・イーキン/Loren Eakinがグランプリ・サンディエゴ2015トップ8入賞を果たしたのでした。

 「緑白・大変異」は、まさに実直そのもののデッキです。大枠としては過去に登場したアグレッシブな緑白デッキとほぼ同じ形ですが、このデッキには他の緑白に負けない強みがあります。それは膨大なカード・アドバンテージです。緑白デッキは普通、ゲーム序盤にはめっぽう強いのですが、ゲームが長引いて対戦相手が落ち着くと苦戦を強いられます。この「緑白・大変異」はゲームのどの段階でも力を発揮し、とりわけゲーム後半に残る力には目をみはるものがあります。

 このデッキは決して速いものではありません。クリーチャーの大半が「変異」を持つため3マナで2/2を繰り出す動きをしますが、それが効率の良い動きとは言えないでしょう。それでも、素早い回りを見せることもできます。《羊毛鬣のライオン》から《死霧の猛禽》、《加護のサテュロス》とつなげば、大抵のデッキが対処に困ることでしょう。また素早い動きができなくとも、たとえこのデッキで最も遅い動きでも、対戦相手をじわじわと追い詰めていくことができます。《棲み家の防御者》でカードを《新たな芽吹き》するもよし、《ドロモカの命令》のモードをふたつ組み合わせて有利を得るもよし。デッキの半分以上の呪文が、何らかの形でカード・アドバンテージをもたらしてくれるのです。

Loren Eakin -「緑白・大変異」

グランプリ・サンディエゴ2015 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る