Death and Taxes(レガシー)

更新日 Daily Deck on 2015年 8月 25日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 《渦まく知識》と《Force of Will》をデッキに入れないならレガシーじゃない、と多くのレガシー・プレイヤーはそう感じています。確かに、マジックでは長年にわたり、強力な青のカードが多数印刷されてきました。ですが、レガシーで見受けられる色は青だけではないのです。それを証明したのが、ミハエル・デルクーゾ/Michael Derczo。最新の「StarCityGames.com Legacy Open(リンク先は英語)にて、彼は今回ご紹介するデッキを操りトップ8入賞を果たしたのでした。

 ミハエルのデッキには《スレイベンの守護者、サリア》と《ヴリンの翼馬》が4枚ずつ採用されています。コンボ・デッキにとってはまさに悪夢のような構成であり、《渦まく知識》や《思案》のような1マナの呪文を扱うデッキの動きも大きく鈍ることでしょう。『マジック・オリジン』が登場する以前は、《スレイベンの守護者、サリア》が伝説のクリーチャーであるため2枚並べることができませんでした。しかし《ヴリンの翼馬》の登場により、クリーチャーでない呪文のコストを2マナ重くすることができるようになったのです。大抵のデッキは、まずこれらのクリーチャーに対処しなければ勝つことなど不可能に近いでしょう。

 《霊気の薬瓶》もまた、今回のデッキにおいて非常に重要な役割を持っています。マナを支払わずにクリーチャーを繰り出せることで、《リシャーダの港》や《不毛の大地》の起動能力を存分に使えます。

 それから、《霊気の薬瓶》は対戦相手のプレイングにも影響を与えます。こちらが《霊気の薬瓶》を起動したら、相手はどんなクリーチャーが飛び出してくるのかわからないまま対応を迫られます。例えば、こちらが蓄積カウンターを2個置いた《霊気の薬瓶》を起動し、相手に1マナしかない場合、相手はその時点で《渦まく知識》や《稲妻》を使用する必要があります。《霊気の薬瓶》の起動型能力が解決され《スレイベンの守護者、サリア》が戦場に出てしまえば、その1マナ呪文を使えなくなってしまうのです。この動きは、相手が呪文を使いたいときに使わせない、という素晴らしいものです。とりわけ面白いことに、いざ《霊気の薬瓶》の能力が解決されても何かを繰り出す必要すらないのですから。

 白はレガシーにおいて大活躍の色です。対策カードに溢れるこの色は、きっと対戦相手にまともにマジックをさせないことでしょう。それはときに、ドロー呪文や打ち消し呪文をも上回る強さを見せるのです!

Michael Derczo - 「Death and Taxes」

レガシー
Download Arena Decklist

(デッキリスト:StarCityGames.com より引用)

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る