グリクシス・シーフ(ヴィンテージ)

更新日 Daily Deck on 2015年 9月 1日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 ヴィンテージで「グリクシス・シーフ」という名前のデッキを目にしたとき、私はすぐに多元宇宙をまたにかける大泥棒、《ダク・フェイデン》が思い浮かびました。《ダク・フェイデン》は、わずか3マナでドローの質を上げたり対戦相手のアーティファクトを奪ったりできる、素晴らしいヴィンテージ向けカードです。しかし私が驚いたのは、このデッキには私の思ったより多くの「シーフ(泥棒)」がいたことなのです。

 まずは《概念泥棒》。あの《スフィンクスの啓示》と同じ時期にスタンダードにいたカードですが、その間に目立った活躍は残しませんでした。ですがドロー呪文の最高峰を擁するヴィンテージでは、それに反撃するため様々なデッキが《概念泥棒》を自然と採用しているようです。《概念泥棒》がスタンダードで活躍できなかった主な理由は、ヴィンテージに比べて除去が多く見られたからです。また、《スフィンクスの啓示》を奪うためだけに4マナもかけるのは、基本的に良い動きとは言えませんでした。

 《概念泥棒》のような能力を持つクリーチャーはヴィンテージでこそ輝きます。ヴィンテージでは、ほとんどのデッキがクリーチャー除去を持たないからです。大抵のデッキは《概念泥棒》を打ち消し呪文で対処することになるのですが、瞬速を持つためそれが極めて難しくなります。そして、ヴィンテージのデッキのほとんどが《Ancestral Recall》や《渦まく知識》、《宝船の巡航》などの1マナのドロー呪文を使います。《渦まく知識》を唱えたのに、カードを引けずに手札を2枚ライブラリーの一番上に戻さなければならなくなったときの、対戦相手の顔が目に浮かぶようですね。

 それから、《聖別されたスフィンクス》は実際に「泥棒」をするわけではありませんが、戦場にいる間は実に巧妙な手口を見せてくれます。《概念泥棒》と同様に、このカードも打ち消す以外に対処が難しいものです。そして、対戦相手がカードを引くこと自体は止められないものの、相手はドロー呪文の使用にかなり頭を悩ませることになるでしょう。それを使えば、相手よりもこちらの方がその恩恵をたっぷりと受け取れるのですから。

Robert Greene - 「グリクシス・シーフ」

ヴィンテージ
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る