マーフォーク(レガシー)

更新日 Daily Deck on 2015年 9月 2日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 エターナル・フォーマットで部族デッキが活躍する姿は、なかなか見られないものです。数ある部族デッキの中でもシナジーとカードの強さが最高レベルのもの――「エルフ」や「ゴブリン」、そして「マーフォーク」――でさえ、使用率上位のデッキにはなれず、簡単に対策をとられてしまいます。ですがそれでも、今年のレガシー選手権でのジョージ・フリート/George Fleteの見事な勢いは止まりませんでした。彼は今回ご紹介するデッキを操り、トップ8入賞を果たしたのです。

 この「マーフォーク」デッキで最も興味深いカードは、《虚空の杯》です。このデッキにおける《虚空の杯》は、2ターン目にX=1で戦場に出します。できれば、1ターン目に《霊気の薬瓶》をプレイした後に置きたいところですね。このデッキにも1マナ域が8枚採用されていますが、《霊気の薬瓶》さえあれば《虚空の杯》による影響は心配ないでしょう。

 では、なぜこのデッキに《虚空の杯》を採用したのでしょう? 「マーフォーク」のようなアグロ・コントロール・デッキの狙いは、序盤からプレッシャーをかけていき、打ち消しや手札破壊で対戦相手に体勢を立て直させないことです。「マーフォーク」には《Force of Will》もありますが、《虚空の杯》もまた相手への妨害手段として優れているのです。レガシーのデッキのほとんどが、1マナ域に頼った構成になっています。《渦まく知識》や《思案》はレガシーで最も多く使われるカードですし、この環境最高の除去は《剣を鍬に》と《稲妻》です。そして多くのデッキにとって、鍵となるカードは《秘密を掘り下げる者》や《師範の占い独楽》のような1マナ域なのです。

 私は、新セットがエターナル・フォーマットにどのような影響を与えるのかについて思いをめぐらせるのが好きです。これまでにも、『マジック・オリジン』のカードがレガシーで使われているのをたくさん目にしてきました。そして、今回の「マーフォーク」デッキにも《潮流の先駆け》が採用されています。2マナのマーフォークである《潮流の先駆け》は、このデッキに適合し、最も求める「テンポ」を稼いでくれる素晴らしいクリーチャーなのです。マナを使う先は他にもっと大事なものがあるため、《潮流の先駆け》を瞬速で繰り出す機会はほとんどないでしょう。ですが《霊気の薬瓶》を用いればインスタント・タイミングで飛び出し、これによって散々な目に遭うデッキはいくつもあるのです。

George Flete - 「マーフォーク」

レガシー
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る