スゥルタイ・パクト(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 9月 24日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 現在のスタンダードで最も楽しいカードを挙げろと言われたら、私は《悪魔の契約》に票を投じます。実際に、私はFFL(フューチャー・フューチャー・リーグという、プレイテストを目的に社内で行われるリーグ戦)で様々な形の《悪魔の契約》デッキの構築を楽しみました。そのため、先週末に行われた「SCG Open」にて《悪魔の契約》を用いたデッキが活躍を見せたことに、私は心を躍らせています。開発部内でもトーナメントの結果や新しいデッキについてはよく話が出るのですが、《悪魔の契約》が大会の最上位に姿を見せたことは私たち全員が大いに喜びました。とりわけ、『マジック・オリジン』のリード・デベロッパーであるサム・ストッダート/Sam Stoddardは満足そうでしたよ。

 《悪魔の契約》の最も面白いところは、「ゲームに敗北する」という効果をいかにして回避するか考えることにあります。パーマネントをバウンスする呪文や自身のエンチャントを破壊する手段を、デッキに採用するのです。私が《悪魔の契約》とともに使いたいカードのひとつは、《ドロモカの命令》です。この呪文は、《悪魔の契約》を墓地へ送りつつクリーチャーを強化したり格闘させたりできるのです。

 緑や白を使わないなら、他に《悪魔の契約》を戦場から撤去する手段が必要になるでしょう。今回ご紹介するデッキでは《虚空の罠》が採用されていますが、『基本セット2015』はもう間もなくスタンダードからローテーション落ちするため、この枠は《分散》と入れ替えることになるかと思われます。用途の広い呪文としては《スゥルタイの魔除け》も見受けられますが、これも必要となれば《悪魔の契約》を破壊するのに使えるでしょう。

 このようなデッキでは、《悪魔の契約》が頼れる勝ち手段となります。《衰滅》や《英雄の破滅》を駆使し、そして除去がさらに必要なときは《棲み家の防御者》で墓地から回収することで、盤面をうまく制圧できるでしょう。ときには《棲み家の防御者》でダメージを稼ぎ、《悪魔の契約》の4点ドレインでとどめを刺すこともあります。《悪魔の契約》を勝ち手段に据えると、それを繰り返しバウンスして再びプレイして、と時間がかかります。それでもこのデッキには長期戦に強いコントロール要素が満載で、ゆっくりした勝ち手段は望むところなのです。

Samuel Braatz - 「スゥルタイ・パクト」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る