強欲の護符(Ironroot Chef)

更新日 Daily Deck on 2015年 9月 30日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日も、「マジック・コミュニティ・カップ」から「Ironroot Chef」部門のデッキをご紹介していきます。今回の「Ironroot Chef」のスタンダード・パートでは、《強欲の護符》を4枚採用してフレーバーたっぷりのデッキを組むことになりました。「強欲」という言葉が何を意味するのかと言えば、富をはじめとした物的な欲求を満たすために躍起になることです。そこで、コミュニティ・チームもウィザーズ・チームも、「ものへの貪欲さ」を中心にデッキを組み上げたのでした。

 コミュニティ・チーム側のデッキを作成したメーガン・ウォルフ/Meghan Wolffは、マジックの世界で極めて「強欲」な存在であるドラゴンをテーマに据えました。ご覧のとおり、《龍王シルムガル》に《強欲なドラゴン》、そして《溜め込むドラゴン》といったドラゴンが採用され、それらはみな「富」や「貪欲さ」を非常にうまく表現しています。またコミュニティ・チームは、それらのドラゴンと併せて《黄金の呪いのマカール王》や《異端の癒し手、リリアナ》のような利己的なキャラクターもデッキに含めました。

 それから、このコミュニティ・チームのデッキは4色で組まれており、マナ基盤の面でも大きく「強欲さ」を表現しています。そして、サイドボードが13枚なのにもお気づきでしょうか。なんと愉快なことに、メイン・デッキが64枚なのです。恐らく彼らはどのカードを抜けばいいかわからなくなり、「強欲に」すべてをメインから使うことにしたのでしょう!

 土地や除去の選択にフレーバーを感じず、リリアナの採用も誤っている、というマイナス点を受けたものの、それでもこのコミュニティ・チームのデッキは10点のフレーバー・ポイントを獲得しました。両チームの組み上げた《強欲の護符》デッキが激突する様子は、見ていて本当に楽しいものでしたよ。《強欲の護符》のコントローラーが目まぐるしく入れ替わるだけでなく、クリーチャーのコントロールも奪い合う展開になったのです。コミュニティ・チームの《龍王シルムガル》にウィザーズ・チームの《果敢な泥棒》や《変容する忠誠》も加わり、いつどんなクリーチャーが奪われるかも分からないほどでした。マジック:ザ・ギャザリングにおいては、「強欲さ」はむしろよいことなのです。

Meghan Wolff - 「強欲の護符」

Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る