飢えに飢えたスプリガン(Ironroot Chef)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 2日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 先週末に披露された中で最高の「Ironroot Chef」デッキは、最後までとっておきました。過去を遡っても、マリア・バルトルディ/Maria Bartholdiの組み上げた「飢えたスプリガン」デッキほどクールでフレーバーに満ちたデッキを私は見たことがありません。今回の「Ironroot Chef」のモダン・パートにて、マリアは《飢えたスプリガン》をデッキの中心に選び、「大量の食べ物を喰らう」というテーマを表現することに全力を注いだのです。

 デッキ発表の際にマリアも言ったように、《飢えたスプリガン》は「とにかく腹が減っています」。彼は庭から食べ物を見つけます――《カルニの庭》や《寺院の庭》はもちろん、《ゴルガリの腐敗農場》すらも探します。庭からは、《芽吹き》を迎えた植物や《始まりの木の果実》が採れました。それでも《飢えたスプリガン》のお腹は満たされません。その食欲は、《食餌の衝動》、《凶暴な飢え》、そして《悪魔の食欲》と言えるほどなのです。

 では、そんな《飢えたスプリガン》は何を食べたのでしょう? 恐らく、《肉屋の包丁》で切り分けた《新鮮な肉》を「ダークスティールの皿/Darksteel Plate(《ダークスティールの板金鎧》)」に盛り付けて食べたのでしょうね。それから、《飢えたスプリガン》には、彼に負けないくらいたくさん食べる友だちがいます。《世界を喰らう者、ポルクラノス》(世界を食べる!)に、《日々を食うもの》(日々を食べる!)、《暴食するスライム》、《貪り食う軟泥》、そしてもちろん、《饗宴の主》も。

 このデッキは、まさに優れた才能が結晶したものと言えるでしょう。コミュニティ・チームはこのデッキを用いて挑んだゲームに負けはしたものの、15点のフレーバー・ポイントを稼ぎ出しました――15点満点中の15点、パーフェクト・スコアです。フレーバー・ポイントを決めるデッキ発表の場で、マリアは《二股の稲妻》("Fork"ed Bolt)も採用直前までいったことを明かしました。《飢えたスプリガン》が食事の道具として使えるように、とのことです。ですが、飢えたクリーチャーはフォークを使わず、《ロノムの口》で食べるのだと、私も思いますよ。

 15点ものフレーバー・ポイントは、コミュニティ・チームが「コミュニティ・カップ」に勝つ大きな後押しとなりました。この「Ironroot Chef」部門にて、彼らは勝利への飢えを見せつけたのでした。

Maria Bartholdi -「飢えに飢えたスプリガン」

Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る