5色「白日の下に」(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 7日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 『戦乱のゼンディカー』後のスタンダードで行われる大会の結果も出始め、この新たな環境でどんなデッキが活躍できるのか、私たちにも少しずつ見えてきましたね。本日ご紹介するデッキは、マジック開発部でインターンを経験したこともあるプロ・プレイヤー、ジェリー・トンプソン/Gerry Thompsonが作成したものです。ジェリーはどの環境でもデッキビルダーであり、もちろん『戦乱のゼンディカー』発売後に初めて行われたスタンダードの大規模イベントでも、彼は自作のデッキを持ち込みました。

 《白日の下に》は、FFL(フューチャー・フューチャー・リーグという、プレイテストを目的に社内にてスタンダードで行われるリーグ戦)でも多く使われました。このカードは、特定の状況に対する的確な脅威や解答を探し出して戦う「ツールボックス」スタイルのデッキにおいて最高の1枚です。デッキリストをご覧の通り、ジェリーは《白日の下に》を4枚採用し、様々なカードを1枚挿ししています。全体除去に盤面の脅威となるもの、それからカードを引く手段、そして様々な除去やプレインズウォーカーが、《白日の下に》でサーチできるようになっているのです。

 このデッキが機能するのは、マナ基盤によるところが大きいでしょう。デッキの土地の大部分を占めるのは、色を揃えるのに欠かせない『タルキール覇王譚』の「フェッチ・ランド」です。例えば、《血染めのぬかるみ》は言うまでもなく赤や黒のマナを用意できますが、なんと緑(《燃えがらの林間地》)や青(《窪み渓谷》)まで持ってくることができるのです。つまり各「フェッチ・ランド」がそれぞれ4色を扱うことができるため、このような5色デッキがきちんと機能するわけです。

 それから、プレインズウォーカーたちもこのデッキの動きを助けてくれます。ご覧の通り、ジェリーは《ヴリンの神童、ジェイス》4枚と《巨森の予見者、ニッサ》2枚を採用していますね。これらはゲーム序盤から展開することができ、ドローの質を上げたり土地を持ってきたり、カード・アドバンテージを得たりと、必要に応じた働きを見せてくれます。また「フェッチ・ランド」満載のこのデッキでは、墓地が素早く肥え、早ければ《ヴリンの神童、ジェイス》が3ターン目に「変身」するのです。

 「5色『白日の下に』」は、現在のスタンダード環境で最も多芸なデッキのひとつであり、何が目の前に立ちはだかろうとも解答を用意できるでしょう。速度はやや遅いところがありますが、ひとたびすべての色が揃えば、このデッキを止めるのは決して容易でないはずです。

Gerry Thompson - 「5色『白日の下に』」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る