緑白「硬化した鱗」(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 12日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 《硬化した鱗》は、実にユニークな1枚です。それ単体では何もしないカードですが、適切なクリーチャーと手を組ませてやれば一気に多くの仕事をこなしてくれるのです。本日ご紹介するデッキはそんな1マナのエンチャントを中心に組まれ、インディアナポリスで行われた「SCG Open」(リンク先は英語)にてデイヴィッド・フェルプス/David Phelpsが操り、トップ16に入賞したものです。

 「硬化した鱗」デッキは、フューチャー・フューチャー・リーグでもかなりの人気を集めていました。そのとき使われていた形も、このデイヴィッドのものに近かったと記憶しています。このデッキの力を可能な限り引き出すためには、クリーチャーをすべて何らかの形で+1/+1カウンターを得られるものにする必要があります。繰り返し+1/+1カウンターを得られるものもあれば、1回限りのものもありますね。

 このデッキを機能させるのに必須となり、また《硬化した鱗》を使う理由となるのが、繰り返し+1/+1カウンターを得られるカードたちです。《搭載歩行機械》や《アブザンの鷹匠》、そして《マナ喰らいのハイドラ》がそれに該当しますね。《硬化した鱗》が戦場にあれば、それらのカードの能力で+1/+1カウンターを2個置けるようになり、時間とともに莫大な数のカウンターを積み上げることができます。また、このデッキでは《アブザンの鷹匠》が最高のフィニッシャーになります。《アブザンの鷹匠》は実質3マナの《空中浮遊》となり、一気にゲームを決めることもできるのです。

 このデッキに採用されている呪文は、そのほとんどが《硬化した鱗》が戦場にあれば効果が高まるコンバット・トリックです。通常なら、コンバット・トリックはスタンダードまで活躍の幅を広げるようなものではなく、リミテッドに留まることが多いものです。しかし、このデッキに採用されているコンバット・トリックは、《勇敢な姿勢》や《ドロモカの命令》といった複数の効果を持ったものや、《硬化した鱗》と組み合わせることで強烈な力を発揮するものなど、それぞれに用途がいくつもあるのです。

 中でもこのデッキにぴったりなのが、《鼓舞する呼び声》です。デイヴィッドはこのカードのメイン・デッキへの採用を1枚に留めましたが、私たちはフューチャー・フューチャー・リーグでもっと多くの枚数を使っていました。《鼓舞する呼び声》の主な使い方は、《次元の激高》のような全体除去から自軍を守ることです。そしてそのときに2枚かそれ以上のカードを引くこともでき、対コントロール・デッキにおいて手札を補充する手段として、見事な活躍を見せてくれるのです。

David Phelps - 「緑白『硬化した鱗』」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る