アブザン・同盟者・ラリー(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 13日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 フューチャー・フューチャー・リーグ当時、スタンダードのデッキに《墓所からの行進》と《カラストリアの癒し手》が使われているのを目にしてからというもの、私は『戦乱のゼンディカー』導入後のスタンダードでは同盟者が目をみはるような活躍を見せてくれる、と確信していました。この新しい環境における同盟者シナジーは、決して無視できるような強さではありません。ジョシュ・バートリング/Josh Bartlingもまたそのことに気づいたのか、彼は当時私たちが使っていたものとよく似た形の「同盟者(Ally)・《先祖の結集》(Rally)」デッキを組み上げ、先週末に行われた「StarCityGames.com Invitational Qualifier」にてトップ4入賞という成績を収めたのでした。

 このデッキの力の源は、《カラストリアの癒し手》です。《カラストリアの癒し手》は、これ自身か他の同盟者が1体あなたのコントロール下で戦場に出るたび、対戦相手のライフを1点ドレインすることができます。このデッキにおいてはそのライフ・ドレインが鍵となり、一度も攻撃することなく勝利を掴めるのです。1/2という貧弱なサイズからは想像しにくいかもしれませんが、シナジー満載の同盟者や、それらを墓地から戦場へ戻す手段と組み合わせることで、いともたやすく実現できるのです。

 このデッキを機能させるもうひとつの原動力が、《ズーラポートの殺し屋》です。かつて大きな活躍を見せた《血の芸術家》に似たこのカードは、対戦相手にこちらのクリーチャーの除去をためらわせることができます。相手のライフが残りわずかなら、同盟者の軍勢で攻撃をしかけるだけで「詰み」になることもあるでしょう。

 それから、同盟者たちを一挙に戦場へ戻す手段も欠かせません。ジョシュは《先祖の結集》を主な手段に選びましたが、『戦乱のゼンディカー』で登場した《墓所からの行進》にも同じ効果が期待できます。《先祖の結集》はインスタントであるため対処が難しいという強みがありますが、《墓所からの行進》の方も、戻した同盟者が戦場に残るという利点がありますね。いずれにしても、《カラストリアの癒し手》をはじめとした同盟者たちを戦場へ戻す、というこのデッキ最大の目標は果たせます。《カラストリアの癒し手》の数が増えれば、その分対戦相手が失うライフも増えます。4枚すべて戦場に戻ろうものなら、それだけで16点。そして他に同盟者があれば、さらにドレイン量が増えるのです。

 この「アブザン・同盟者・ラリー」は、様々な角度から勝負を決められる実にクールなコンボ・デッキです。「StarCityGames.com Invitational Qualifier」にてトップ4に入賞したジョシュに、拍手を送りましょう。

Josh Bartling - 「アブザン・同盟者・ラリー」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る