ダーク・ジェスカイ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 16日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 プロツアー『戦乱のゼンディカー』が開幕しましたが、プレイヤーたちのデッキリストを手に入れるには週末を待たねばならず、もどかしい思いがしますね。本日は、チリで行われたワールド・マジック・カップ予選からもうひとつ、デッキをご紹介することにしましょう。フェリペ・ヴァルディヴィア/Felipe Valdiviaが操り、決勝まで駒を進めたデッキです。フェリペは興味深い形で「ジェスカイ」に取り組み、そこでは『戦乱のゼンディカー』の新カードの数々がデッキを機能させるのに大きな役割を果たしています。

 「ジェスカイ」は、昨年のスタンダード環境でも極めて人気の高い氏族でした。そのため、今こうして活躍しているのも驚くことではありません。フェリペは「ジェスカイ」に黒をタッチすることを選択しました。通常なら、すでに完成されたデッキに別の色を足すのは「せっかくの良いデッキを台無しにするなんて」と声をかけたくなってしまいますが、現在のスタンダードにおいては色をタッチすることが広く認められているのです。

 《はじける破滅》は、現在のスタンダードで最も注目すべきカードのひとつです。現在の環境はクリーチャーとプレインズウォーカーを中心にしたものであり、対戦相手の盤面で最強のクリーチャーを除去しながらプレインズウォーカーの忠誠度を2下げる《はじける破滅》は、見事な働きを見せてくれるのです。《カマキリの乗り手》や《乱撃斬》、そして《ジェスカイの魔除け》といった即座にダメージを与えられるカードを多く駆使するこのデッキにおいては、《はじける破滅》の与える2点も非常に大きなものになります。2点と聞くと物足りなさを感じるかもしれませんが、他のカードと組み合わせることで強烈な力を発揮するのです。

 このデッキの鍵となるカードとしてもうひとつ、《オジュタイの命令》が挙げられます。《オジュタイの命令》はこれまでよりぐっと強力なものになっていて、特に「あなたの墓地にある点数で見たマナ・コストが2以下のクリーチャー・カード1枚を対象とし、それを戦場に戻す」モードの重要性は一気に高まっています。デッキリストを見てみると、2マナ以下のカードはすべて何らかの形でアドバンテージを取れるものになっていますね。呪文を「バイバック」したり、5/5のドラゴンを生み出したりするものが採用されています。

 5/5のドラゴンを生み出すと言えば、《竜使いののけ者》です。このカードも、今回のデッキにおいて大きな役割を担っています。およそあらゆるもので除去されてしまうこのカードですが、対戦相手のターンの終了時に《オジュタイの命令》で戦場に戻してやれば、《竜使いののけ者》がドラゴンを生み出し始めるまでに猶予はごくわずかしかありません。5/5飛行のクリーチャーが出てくるというのは、冗談では済まされません。もう1ターン《竜使いののけ者》が生き残ろうものなら、ゲームが終わること間違いなしでしょう。

Felipe Valdivia - 「ダーク・ジェスカイ」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る