聖遺の撤退(レガシー)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 29日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 本日ご紹介するデッキは、『戦乱のゼンディカー』で登場したあるカードによって生まれた、レガシーの新しいアーキタイプです。《珊瑚兜への撤退》は、恐らく多くのプレイヤーにとって、ドラフトでは13手目あたりで取るものでしょう。しかし実はこのカードは、下の(古いカードが使える)フォーマットへ目を向けると、とてもクールなコンボを生み出すのです。もうひとつのコンボ・パーツは、《聖遺の騎士》。つまり、モダンでも成立するということです!

 このデッキの主な動きは、《聖遺の騎士》と《珊瑚兜への撤退》を戦場へ揃えることです。それを助けるキー・カードが、《緑の太陽の頂点》と《渦まく知識》です。《渦まく知識》は「フェッチ・ランド」と組み合わせることで、いらないカードをライブラリーへ戻してシャッフルし、また新たにドロー・ステップを迎えることができる強力なドロー呪文となります。ライブラリーを掘り進めるのに役立ち、コンボ・パーツを見つける助けとなるのです。

 《渦まく知識》と比べれば、《緑の太陽の頂点》は《珊瑚兜への撤退》を探すことができず、やや汎用性に劣ります――それでもこのカードは、デッキの組み方次第でさらに強力になる可能性を秘めています。《聖遺の騎士》を持ってくることができるのはもちろんですが、それ以外にも状況に応じて1枚挿しのカードを持ってくる「ツール・ボックス」としての役割を果たしてくれるのです。例えば、今回ご紹介する形ではマナ・クリーチャー(《貴族の教主》や《ドライアドの東屋》)やエンチャント除去(《クァーサルの群れ魔道士》)、墓地対策(《漁る軟泥》)、そして大型呪文への対策(《ガドック・ティーグ》)も探し出すことができます。《緑の太陽の頂点》から持ってくるものの選択肢は極めて広く、また様々な1枚挿しのカードを実質的に5枚入れていることになるのです。

 ではコンボの方はどのような動きを見せるのでしょうか?《聖遺の騎士》と《珊瑚兜への撤退》が戦場に揃ったら、《聖遺の騎士》の能力を起動して土地を持ってきます。すると《珊瑚兜への撤退》の能力が誘発して、《聖遺の騎士》をアンタップできます。あとはそれを何度も何度も繰り返すのです。ちなみに「フェッチ・ランド」を持ってくれば《珊瑚兜への撤退》の能力が1回多く誘発するので、それをマナ・クリーチャーのアンタップに使用してマナを増やすこともできます。最終的に《聖遺の騎士》が巨大なサイズになったら、《セジーリのステップ》で対戦相手のブロッカーに対する「プロテクション」を《聖遺の騎士》へ付与して、相手に致命打を与える準備は完了というわけですね。

Steven Schlepphorst -「聖遺の撤退」

レガシー

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more