エルドラージ・グリーン(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 10月 30日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 先週末にグランプリ・ケベックシティ2015が行われましたが、中でも私の興味を引いたデッキが、今回ご紹介する「エルドラージ・グリーン」でした。このデッキは多くのプロ・プレイヤーが使用し、ジェイク・モンデッロ/Jake Mondelloをトップ4入賞へ導きました。「エルドラージ・グリーン」はランプ戦略をとったデッキで、可能な限り素早く大量の土地を並べて高コストの呪文を唱えることを目指しています。ジェイクは《ニッサの巡礼》や《荒野の地図作成》、それから《爆発的植生》でマナ基盤を築き、さらに《面晶体の記録庫》によるマナ加速といざというときのドローも加えました。

 では、そうやって伸ばしたマナで何をするのでしょう? ジェイクの選択した大型呪文は、戦場に出たときにその高コストに見合うほどの決定的なカード・アドバンテージを生み出すものです。《龍王アタルカ》は対戦相手のクリーチャーやプレインズウォーカーに対処しつつ、8/8飛行の脅威となります。《精霊龍、ウギン》は盤面を一掃しながら戦場に残り、さらなるダメージを与えていきます。そして《絶え間ない飢餓、ウラモグ》は、これ1枚でゲームを終わらせることのできるカードです。相手のベスト・パーマネントをふたつも追放するだけでなく(4色デッキ相手には土地を取り除くのも有効ですよ!)、数回の攻撃で勝利をものにすることができるのです。相手にダメージを通す必要すらありません。攻撃を宣言するだけで、相手のライブラリーを20枚追放するのですから。

 またランプ戦略にはそれを助ける呪文が不可欠ですが、このデッキも最高のものをいくつか持っています。中でも私が取り挙げたいのは、《ジャディの横枝》です。一見貧弱に見えるこのカードですが、フューチャー・フューチャー・リーグでも、序盤に繰り出されたクリーチャーをブロックしつつライフを得て、大型呪文を唱えるまでの時間稼ぎに大いに活躍しました。このカードをプレミア・イベントで結果を残したデッキの中で見ることができて、私は本当に嬉しいです。

 もうひとつ、《ウギンの聖域》が使われているのも嬉しいですね。『戦乱のゼンディカー』プレリリースでは、このカードを引き当てたプレイヤーたちから口々に不満の声が上がりました――ですが社内リーグで使った私は、このカードの強力なポテンシャルに気づきましたよ。《ウギンの聖域》を活かせば《絶え間ない飢餓、ウラモグ》から2枚目へと繋ぐことができ、息切れに陥ることがなくなるのです。

Jake Mondello -「エルドラージ・グリーン」

グランプリ・ケベックシティ2015 / スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る