撤退コントロール(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 11月 3日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 プロツアー『戦乱のゼンディカー』を経てスタンダードのメタゲームはその輪郭を明らかにしましたが、実は同じ時期に、アメリカでは州別の選手権がいくつも行われていました。中でも私が興味を引かれたデッキは、ミシガン州で行われた「TCGPlayer Standard State Championships」にてトップ4入賞を飾ったエリック・トーマスマ/Eric Thomasmaの、「撤退コントロール」デッキです。このデッキは従来の「アブザン」デッキに『戦乱のゼンディカー』で登場した「撤退」を3種類採用したもので、さらにそれらの「上陸」を誘発させるために土地を戦場に繰り出す手段もとられています。

 このデッキの原動力は、《万神殿の伝令》です。このカードが各種「撤退」のコストを軽減するため、1ターンに2枚の「撤退」をプレイしてから土地を置いてふたつの「上陸」能力を誘発させる、ということが可能になるのです。《万神殿の伝令》がなければ、ほぼ確実に「撤退」を1ターンに1枚しか展開できず、「上陸」による恩恵を存分に引き出せないでしょう。このデッキに《万神殿の伝令》が4枚採用されていないのは、びっくりしましたよ。

 またこのデッキでは、土地を繰り出すための手段も実にクールなものが採用されています。最もわかりやすいのは、単純な土地の枚数でしょう。デッキリストをご覧の通り、このデッキには実に32枚もの土地が採用されています。スタンダードではまずお目にかかれない枚数ですね。このデッキにおける土地は呪文のようなものであり、さらにその「呪文」の効果は「撤退」が戦場にあればあるほど強力なものになっていきます。そのため、毎ターン土地を得ることが極めて重要なことなのです。

 それから、《忘却蒔き》も戦場に土地を繰り出す強力な手段です。その能力単体でも複数の土地を置けることが見込めますが、対戦相手が「探査」などで土地を追放していれば、一度に大量の土地を繰り出せる可能性も秘めているのです。そして、「フェッチ・ランド」や《荒廃した森林》も「上陸」を誘発させる優れた手段となります。それらはインスタント・タイミングで能力を起動できるため、どこからともなくブロッカーを生み出したり《包囲サイ》に+1/+1カウンターを置いたりして、相手の意表を突くことができるのです。

Eric Thomasma - 「撤退」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る