ナヤZoo(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 11月 6日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 《野生のナカティル》は、モダン創設以来激動の日々を送ってきました。2011年12月には禁止カードに指定され、その禁止が解除されたのは2014年の2月。その後は「ナヤZoo」デッキにて、細々と活躍する姿を見せています。「ナヤZoo」は決して最大勢力のデッキではありません。しかしそれは、アグレッシブなデッキを好むプレイヤーたちがいつでも選択できるよう、環境にあり続けています。そして、先週末に行われたグランプリ・ポルトアレグレ2015(リンク先は英語)では、トップ4のデッキすべてに《野生のナカティル》が4枚ずつ採用されていました。本日はその中から、優勝したマルコス・パウロ・デ・ジェズス・フレイテス/Marcos Paulo De Jesus Freitasのデッキリストをご紹介します。

 可能な限り素早くゲームを決めることを狙う多くの「ナヤZoo」と異なり、このデッキは長期戦に強い形に仕上がっています。採用されている火力呪文は《稲妻》のみで、クリーチャーの選択においても通常の「Zoo」デッキよりコストの重いものが取られています。

 マナ・カーブを重い方へ寄せる利点は、クリーチャーのサイズが大きく上がることです。《ロクソドンの強打者》や《聖遺の騎士》は、《貴族の教主》の助けを得て2ターン目に繰り出すことができる強大なクリーチャーです。他にも、除去耐性のある《復活の声》、便利な能力を持った《漁る軟泥》や《クァーサルの群れ魔道士》などが採用されていますね。そしてこのデッキの肝となるカードは、《集合した中隊》です。モダンでは、《緑の太陽の頂点》のようなライブラリーから直接探し出すカードを使用することができません。そこで適切なときに適切なクリーチャーを見つけ出す、という動きに最も近いことができるのは《集合した中隊》なのです。また《集合した中隊》はインスタントであるため、突然ブロッカーを戦場に呼び出すこともできます。これは「Zoo」デッキに足りなかったカード・アドバンテージをもたらしてくれる、用途の広い1枚なのです。

 それから、サイドボードに4枚積みのカードがひとつもないことも非常に興味深いですね。環境に存在するあらゆるデッキへの様々な対策が取られています。1枚挿しのものや2枚搭載したものが幅広く採用されていることから、対戦相手の行動を阻害することは重視していないことが感じられます。優先すべきは自身のゲーム・プラン。この考え方は、アグロ・デッキやコンボ・デッキを使う上で大切なことです。対戦相手への解答を入れ過ぎて自分のデッキが薄まってしまえば、デッキの動きがちぐはぐになり苦しめられることになるのです。

Marcos Paulo De Jesus Freitas - 「ナヤZoo」

グランプリ・ポルトアレグレ2015 優勝 / モダン
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る