ナヤ果敢(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 12月 8日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 『タルキール覇王譚』で登場した果敢は、のちに常磐木能力へ昇格するのみならず、複数のフォーマットにまたがって多くのデッキを支えるものになっています。《僧院の速槍》はモダンで主役の一角を担い、《僧院の導師》にいたってはヴィンテージでも人気を集めています! エターナル・フォーマットではクリーチャーでない呪文が重視されるため、それと噛み合うようなクリーチャーが大きな力を発揮するわけですね。

 本日ご紹介するデッキは、そんな果敢メカニズムをこれでもかと言うほど活かしたものです。このデッキを使用したKinkadeは、Magic Onlineのスタンダード・リーグで5戦全勝を果たしました。このデッキに採用されているクリーチャーは、そのすべてが果敢を持っています。そして果敢を持つクリーチャーは、クリーチャーでない呪文を愛します。とりわけコンバット・トリックはこのデッキのクリーチャーたちの大好物であり、それが大量に採用されていますね。大抵のコンバット・トリックはリミテッドで使われるものだと認識されており、構築フォーマットで見かけることはあまり多くありません。ですが、コンバット・トリックを唱えるたびにクリーチャーがさらに強化されるのであれば、話は変わるのです。

 Kinkadeのリストには、1マナで唱えることができる強化呪文が11枚採用されています。《果敢な一撃》や《タイタンの力》はカードを1枚もたらしたり次のドローを改善したりと、このデッキでは素晴らしい活躍を見せてくれます。《強大化》は6マナという重いコストを持っていますが、「フェッチ・ランド」や1マナで唱えられる呪文でいっぱいのこのデッキでは、「探査」を用いることでこのカード自体も1マナで唱えることができるでしょう。またこのデッキでは《ドロモカの命令》もコンバット・トリックとして機能し、ときにはそれ以上の働きも見せてくれます。

 中でもこのデッキの爆発力を担うのが、《ティムールの激闘》です。果敢を持つクリーチャーや1マナ呪文と組み合わせることで、《ティムールの激闘》は大きな力を発揮するのです。例えば、《僧院の速槍》に《タイタンの力》と《果敢な一撃》、そして《ティムールの激闘》を唱えれば、1体の攻撃で16点ものトランプル付きダメージを与えることができるのです!

 そしてこのデッキにはもうひとつ、クールなカードが採用されています。それは《神話実現》です。これはエンチャントでありながら、実は果敢を持ったクリーチャーとして運用できます。《神話実現》が戦場にある状態でクリーチャーでない呪文を唱えると、そのたびに「伝承カウンター」が置かれ、その後に能力を起動することでクリーチャーとして機能するのです。《神話実現》は、全体除去やソーサリー・タイミングでの単体除去をかわすことができるという素晴らしい利点を備えています。また他にすることがないターンには、「伝承カウンター」を追加してサイズを上げることもできるのです。

Kinkade - 「ナヤ果敢」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る