アブザン・ブリンク(モダン)

更新日 Daily Deck on 2015年 12月 9日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 アブザンはモダンでも人気を集める色の組み合わせです。アブザンの3色は、《タルモゴイフ》や《闇の腹心》といった主力クリーチャーに加えて《突然の衰微》や《流刑への道》のような質の高い除去もひとつのデッキに詰め込むことができるため、その人気もうなずけるというものでしょう。本日ご紹介するデッキもそんな「アブザン」の3色を用いたものですが――しかしこのデッキには、先ほど挙げた輝かしいカードの数々が見受けられません。ブレイク・ドナン/Blake Donnanの操る「アブザン・ブリンク」デッキは、大会上位のデッキではそうお目にかかれないユニークな戦略をとっているのです。

 ブレイクのデッキに採用されたクリーチャーたちは、どれも強力な「戦場に出たとき」に誘発する能力を持っており、ゲーム全体を通してそれでアドバンテージを獲得していきます。ブレイクはそこへ「ブリンク」、すなわち「クリーチャーを一度追放してから戦場に戻す効果」を組み合わせているのです。クリーチャーを「ブリンク」することでその能力が再び誘発し、大きなカード・アドバンテージをもたらします。中でも《雲隠れ》はインスタントであるため、対戦相手の除去に対応して唱えたり戦闘で死亡する前に唱えたりすることができます。

 このデッキが擁するクールな相互作用のひとつは、《ちらつき鬼火》と《不毛の地の絞殺者》によるコンボです。《ちらつき鬼火》で対戦相手のパーマネントを追放し、それから《不毛の地の絞殺者》を繰り出して「昇華」することで、《ちらつき鬼火》で追放したカードを墓地へ送りつつ相手のクリーチャー1体に-3/-3修整を与えることができます。何と言っても、《ちらつき鬼火》によって追放したカードが相手の戦場に戻らないところが素晴らしいですね。

「戦場に出たとき」に誘発する能力を持った低マナ域のクリーチャー大量に搭載するなら、それこそ《集合した中隊》の出番です。私も《集合した中隊》がこのデッキ最高のカードだと思います。4枚採用されているのも納得です。《集合した中隊》を使うことで、インスタント・タイミングでブロッカーを生み出しつつ、同時にそれらの持つ能力が誘発します。対戦相手にとっては厄介極まりないですね。きっと、それをかわす手立ては見出だせないはずです。

 このデッキで「SCG Premier IQ」トップ4に入賞したブレイク・ドナンに拍手!

Blake Donnan - 「アブザン・ブリンク」

モダン
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る

このサイトではクッキー(cookie)を使用して、コンテンツや広告をお客様一人一人に合わせたり、ソーシャルメディアの記事を配信したり、ウェブのトラフィックを解析したりします。 (Learn more about cookies)

No, I want to find out more