ティムール・アグロ(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 4月 14日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

 皆さん、こんにちは! 私はメリッサ・デトラ/Melissa DeToraといいます。かつてはプロツアー・プレイヤーでしたが、今はマジックの開発部、デベロップ・チームで働いています。ここウィザーズでの役割にも慣れてきたところで、このデイリー・デッキ・コラムを引き継げることをうれしく思っています。

 今日のデッキは、Andrew Nacciがプレイして、シラキューズで開催されたスターシティ・オープンで3位に入賞した「ティムール・アグロ」です。私はこのデッキを見てワクワクしました。なぜなら、私がウィザーズで働き始めたころの『テーロス』/『タルキール覇王譚』ブロックのスタンダードで行なわれていたフューチャー・フューチャー・リーグで、トップを占めていたデッキのひとつがティムールだったのです。デベロッパーがプレイしていた時にこのデッキがどれほど良い結果を残していたかを聞くのは、興味深いことでした。現実世界では、このデッキは「tier 2」(2番手グループ)ですらなかったからです。

 ティムール・アグロは比較的シンプルなものです。可能な限り少ないマナで、最大のクリーチャーをプレイしていきます。《霜歩き》、《加護のサテュロス》、《凶暴な拳刃》などが、小さいマナ・コストで巨大なクリーチャーの例です。また回避能力を持つクリーチャーも多く入っており、火力呪文で対戦相手にとどめを刺します。

 Andrewのデッキには、『タルキール龍紀伝』の新カードでも私のお気に入りの1枚、《雷破の執政》が入っています。私がウィザーズで働き始めたころにさかのぼり、このカードを初めて見たとき、私はとても感銘を受けたものです。わずか4マナで4/4の飛行クリーチャーを得られるなら、それ自体で十分な取り引きです。そしてこのデッキでは、早ければ3ターン目に着地するのです。《雷破の執政》はこのデッキの他のクリーチャーの多くと組み合わせて良い働きをします。これが戦場にいれば、他のドラゴンは対戦相手が除去しようにもかなりの痛手を負うものになりますし、《狩猟の統率者、スーラク》は速攻を得るのです。全体として、《雷破の執政》はティムールというアーキタイプへの素晴らしい追加戦力となりました。このデッキが、かつての通りの成績を残したことは驚くにはあたらないでしょう。

Andrew Nacci

StarCityGames.com Standard Open Syracuse (2015/4/4) 3位 / スタンダード
Download Arena Decklist

StarCityGames.comより引用(英語)

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る