黒赤ドラゴン(スタンダード)

更新日 Daily Deck on 2015年 5月 7日

By Melissa DeTora

Melissa is a former Magic pro player and strategy writer who is now working in R&D on the Play Design team.

原文を読む

 マジックの最新セットが『タルキール龍紀伝』と名付けられたのには理由があります。龍はあらゆるところにいます。このセットの発売以降、私たちは赤緑、青黒、エスパー、果ては青単まで、多くのドラゴン・デッキを見てきました。今日のデッキは、ドラゴンの新たな一面です。ダニエル・ワード/Daniel Wardは黒赤ドラゴン・デッキを駆り、先日のプロツアー地域予選(RPTQ)でトップ入賞を果たしました。そこには、興味深いカード選択が多く含まれていたのです。

 《嵐の憤怒、コラガン》は『運命再編』の強力なドラゴンのひとつですが、私はスタンダードで見ることになるとは思いませんでした。働きとしては繰り返しの《溶岩の斧》、毎ターン対戦相手に5点のダメージを与えるものです。戦場に他のクリーチャーがいればより良いものになりますし、このデッキではそれに事欠くことはありません。《ゴブリンの熟練扇動者》は赤の3マナ域として最高のもののひとつであり、《嵐の憤怒、コラガン》と素晴らしいシナジーを形成します。それ単体でも非常に良いものですが、《ゴブリンの熟練扇動者》と愉快な仲間たちは《嵐の憤怒、コラガン》とともに攻撃すると、大量のダメージを叩き出すのです。

 このデッキの主要なテーマは速攻です。《ゴブリンの熟練扇動者》、《嵐の息吹のドラゴン》、《嵐の憤怒、コラガン》により、このデッキは強烈な一撃を加え、対戦相手はあなたのターン中に相当量の対応を迫られることでしょう。《雷破の執政》は速攻こそ持たないものの、対戦相手が対処を決断したときには即座にダメージを与え返します。

 《コラガンの命令》もまた、このデッキと完璧に適合します。多くの場合は墓地のドラゴンを1枚手札に戻しつつ2点のダメージを与えることになりますが、対戦相手にインスタントの速度で手札を1枚捨てさせることができるという有用性も持っています。それほど印象的ではないと思われるかもしれませんが、対戦相手が手札を1枚も持たない状態で迎えたドロー・ステップの間にこれを唱えるというのは素晴らしいプレイです。引いたものがクリーチャーやソーサリーなら、それを唱える機会を与えることなく捨てさせられるのです。たった3マナで得られる、とても大きな価値です!

Daniel Ward - 「黒赤ドラゴン」

スタンダード
Download Arena Decklist

最新Daily Deck記事

DAILY DECK

2015年 12月 11日

黒赤エルドラージ(モダン) by, Melissa DeTora

 こんにちは、皆さん。今年の「Daily Deck」は今回で最後です。本日ご紹介するのは、『戦乱のゼンディカー』で登場した新たなメカニズム「昇華者」を用いたモダンのデッキです。「昇華者」メカニズムといえば《不毛の地の絞殺者》がスタンダードで活躍を見せ始めていますが、それを用いたモダンのデッキを目にするのは初めてです。  《不毛の地の絞殺者》は、かつて環境を支配した《火炎舌...

記事を読む

DAILY DECK

2015年 12月 10日

Pox(レガシー) by, Melissa DeTora

 本日の「Daily Deck」では、レガシーで使えるものの嫌われやすい戦略をひとつ見ていきます。このデッキは《小悪疫》を中心に組まれたもので、対戦相手の手札を取り去り土地を破壊し、何もできない状態に追いやってゲームから締め出すことを狙っています。今回このデッキを選んだ理由は、このデッキが私に黎明期のマジックを思い起こさせてくれたからです。(「小」ではない)《悪疫》(Po...

記事を読む

記事

記事

Daily Deck Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る