【トピック】 これが「オフ」ライン・キューブドラフト!

更新日 Event Coverage on 2012年 12月 8日

By 鍛冶 友浩

 以前、私の週刊連載 第31回:Magic Onlineの「キューブ・ドラフト」をリプレイ!などでも紹介した、オンラインで大人気フォーマットのキューブ・ドラフトをご存知だろうか。

 ドラフトと名がついてはいるものの、これは通常の「未開封ブースターパック」さえ用意すれば簡単にできるブースタードラフトとは全く異なり、過去の超強力カードたちを720枚用意して15枚の「擬似ブースターパック」を作るという作業が必要な為、紙のカードを実際に用意したりと大変労力のかかる作業が必要となる。(あとシャッフルもね!)

 そういった理由から、私のように期間限定でしか行われないオンライン版のキューブ・ドラフトを楽しみにしているプレイヤーも多いのではないだろうか。

 ちなみに第64回:グランプリ・ボーフム優勝 Martin Juzaの『Hoof!』をリプレイ!でも告知している、これ以上強力なカードはないと言われる《Black Lotus》や、《Time Walk》らパワー9の入ったカードプールで行われるホリデー・キューブも、12/19(水)ダウンタイム終了後から始まるので、まだ試したことのないオンライン・プレイヤーにはかなり強くオススメしたい。

 そんなキューブドラフト、なんとこのグランプリ:名古屋では、初日に行われたラヴニカへの回帰シールド・予選の通過者16名による完全な招待イベントとして、 このカードプールで行われていた!

 16人ということは、つまり2卓のドラフト・ポッド、そして1人が15枚のパックを3つ使うことから、720枚のカードプールをぴったり使い切る計算だ。

 そして、賞品はまさにピックするこれらレアカードたちそのもの!

 完全なる取り切りではないものの、全45枚から初戦敗退でも10枚を、一度勝てば20枚、決勝に残れば30枚、優勝すれば45枚に加え、敗退者の選ばなかったすべてのカードをお持ち帰りの大盤振る舞い!


トーナメントとは名ばかりで、カジュアルな雰囲気に、着席したプレイヤーたちも終始談笑。



ジャッジもかなり楽しげに注意点を説明してくれていますね。



そして配られた"擬似パック"はこちら。



パックを開けてみると・・・《Underground Sea》が!



このキューブ・ドラフトは、参加賞だけで自分のピックしたカードから10枚お持ち帰りらしいですよ!



カジュアルなので、ギャラリーとの会話もOK!



あの《頭蓋骨絞め》も流れてきました!


 おっと、「マジック:ザ・ギャザリング チャンネル」チームも取材しているということは、後日キューブドラフトの模様が動画でも見れるのかも?

 続きは動画にご期待ください! (下の画像をクリックで生放送ページにジャンプします)

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る