アマチュア選手権準々決勝: 国吉 真木朗 vs 山下 弘樹

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 24日

By Yoshiya Shindo

 準々決勝で向かい合うのは、神奈川の国吉と千葉の山下。どちらも地元のトーナメントでは上位常連とのこと。山下はなんでも去年までジュニアだったとのことで、それを聞いた国吉曰く「じゃ、この歳(20代)なら、向こう(GP決勝)にいなきゃいけないですよねー」

 デッキは国吉のウェイクに、山下は青緑白マッドネス。色は同じだけどデッキは全然違うところが面白い。

GAME1

Anurid Brushhopper
 先攻は国吉。2 ターン目に国吉が《強制/Compulsion》を張れば、返しで山下も《マーフォークの物あさり/Merfolk Looter》を出し、出だしはともに順調。山下は続くターンに《野生の雑種犬/Wild Mongrel》も出して、攻撃準備も万端。次のターンにはそのまま殴って、さらに《藪跳ねアヌーリッド/Anurid Brushhopper》を追加してどんどん攻め立てる。

 一方の国吉もブロッカーに《藪跳ねアヌーリッド》を呼ぶが、山下は続くターンに《生ける願い/Living Wish》を通し、サイドから《不可思議/Wonder》を持ってきて、《野生の雑種犬》で捨てて上空からフルアタック。

 こうなると事態は上空と地上の殴り合い。国吉も《藪跳ねアヌーリッド》で殴ってさらに《藪跳ねアヌーリッド》を追加。しかし、国吉側は基本的なクリーチャーの絶対数が足りない上に、向こうはさらに《マーフォークの物あさり》起動から《ワームの咆哮/Roar of the Wurm》まで捨てて追加戦力の準備も万端。国吉は苦しい状況。

 残りライフが 7 となったところで、山下の総攻撃に国吉は《一瞬の平和/Moment's Peace》。第 2 メインフェイズに、山下には《ワームの咆哮》や《物静かな思索/Quiet Speculation》や追加の《マーフォークの物あさり》と様々な選択肢があるものの、ここはカウンターの打ち合いマナを残して終了。

 国吉は待っていても死ぬだけなので、向こうに《ナントゥーコの僧院/Nantuko Monastery》が待っている状況でも果敢に《藪跳ねアヌーリッド》 2 体で攻撃。当然のように 1 体がブロックされて死亡。

 次のターン、山下は止めを刺すべく全軍攻撃。国吉はフラッシュバックの《一瞬の平和》で耐えようとするが、それを打ち消すべく飛んできた山下の《堂々巡り/Circular Logic》を打ち落とすための呪文は、《強制》を回してもついに引けず。

山下 1 - 0 国吉

 サイドからは、両者とも《対抗呪文/Counterspell》を強化し、よりパーミッションを強化する形。でも、スタンダードでこれが見られるのもあと一週間なんだよねぇ。

Game 2

 2 ターン目に山下が出した《マーフォークの物あさり》は、国吉《記憶の欠落/Memory Lapse》。3 ターン目に山下は改めて《マーフォークの物あさり》を出すが、これで一瞬青マナがなくなった(青マナ源が《大闘技場/Grand Coliseum》しかない)隙を狙って、国吉は《クローサの境界/Krosan Verge》の助けもあって 5 マナに届くやすかさず《ミラーリの目覚め/Mirari's Wake》。

 ところが山下も抜かりなく、《マーフォークの物あさり》で持ってきた《物静かな思索》から《ワームの咆哮》《綿密な分析/Deep Analysis》《天啓の光/Ray of Revelation》と落として、フラッシュバック《天啓の光》できっちり除去。

 しかし国吉も負けていない。6 マナから再び《ミラーリの目覚め》を張りなおすと、さらに残っている島から《強制》と万全な体制。除去を使ってしまった山下は渋い顔。

 その後互いに《綿密な分析》を打った国吉のターンの終わりに、山下は《マーフォークの物あさり》起動で《尊大なワーム/Arrogant Wurm》をマッドネス召還。次のターンに《綿密な分析》フラッシュバックからやっと島を引いた山下は、ディスカードで余った手札から《尊大なワーム》を捨ててマッドネス。

 しかし、やっと整った戦場に、国吉は無常の《神の怒り/Wrath of God》。

 そして迎えた山下のターン。山下が考えている最中に、国吉が手札からついポロリと落としたカードが《正義の命令/Decree of Justice》!

山下「えー、そんな物見ちゃったんじゃ、《激動/Upheaval》。」
国吉「マナ浮いてないですよね? じゃ12マナ浮かしておきます。」
山下「......勝てませんって。」

国吉 1 - 1 山下

 二人はさらにサイドボードを入れ替え。国吉は一度抜いた《藪跳ねアヌーリッド》 3 体を再び投入し、山下もクリーチャーを追加。

Game 3

Decree of Justice
 静かな立ち上がりも、山下の土地が2マナで止まり、しかも手札で《マーフォークの物あさり》と《対抗呪文》が寝ている状況で、よりによって青マナがない。かろうじて《野生の雑種犬》は出るが、返しで国吉が《藪跳ねアヌーリッド》を出してきてしょんぼり。

 相変わらず 3 枚目の土地が引けない山下は、仕方なく《不可思議》を捨てて《野生の雑種犬》アタック。一方の国吉も、相手に青マナが無いならと、《藪跳ねアヌーリッド》で殴って追加《藪跳ねアヌーリッド》。

 次のターンにようやら土地を手に入れてきた山下だが、その土地がやっぱり森。仕方なく《野生の雑種犬》パンチ。返しの国吉の《藪跳ねアヌーリッド》 2 体の攻撃に、山下は《尊大なワーム》をマッドネス召還するも、国吉余裕の《対抗呪文》で、さらに追加の《藪跳ねアヌーリッド》3 体目(やりすぎ)。

 山下は次のターンと血を引いてくるが、それがまたもや《吹きさらしの荒野/Windswept Heath》。もう山下、つらいのを通り越して苦笑いしながら《藪跳ねアヌーリッド》。ここからは両プレイヤーともすっかり談笑モード。

 国吉は次のターン、《ミラーリの目覚め》を張ってトリプル《藪跳ねアヌーリッド》パンチ。山下はなんとか《天啓の光》から《ミラーリの目覚め》を割り、手札で腐り倒していた《対抗呪文》を 2 枚捨てて《野生の雑種犬》も残す。国吉は圧倒的な土地の数の差を見越して、《狡猾な願い/Cunning Wish》から《好機/Opportunity》という、もう何と言うか余裕しゃくしゃくと言うか。

 山下は相変わらず土地が引けず、とにかく戦力に《藪跳ねアヌーリッド》を追加。いったいこのカエル、この対戦で何べん出てきたんだろう(苦笑)。

 山下の攻撃を身体で受け、続くターンに国吉はお待ちかね《好機》。さらに相手のアップキープに《一瞬の平和》とがっちり。山下は《尊大なワーム》を戦力に加えるも、青マナが無くては相手の《一瞬の平和》がどうにもならない。

 その後、殴られ続けて山下のライフが残り 3 となったところで、国吉は 2 体の《藪跳ねアヌーリッド》を消して《神の怒り》。山下もスタックで《藪跳ねアヌーリッド》を 1 体消し、次のドローにかけようと。

 思ったところで、国吉が手札から《対抗呪文》を見せて、カードで山下のライブラリーをちょんちょんちょん。

 ごめんなさい。

国吉 2 - 1 山下

Kuniyoshi Makio

Download Arena Decklist
クリーチャー (3)
3 Anurid Brushhopper
ソーサリー (11)
4 Wrath of God 3 Decree of Justice 4 Deep Analysis
インスタント (14)
4 Cunning Wish 3 Renewed Faith 3 Moment's Peace 4 Memory Lapse
エンチャント (6)
3 Compulsión 3 Mirari's Wake
60 カード

Yamashita Hiroki

Download Arena Decklist
クリーチャー (14)
4 Wild Mongrel 4 Arrogant Wurm 4 Anurid Brushhopper 2 Wonder
インスタント (4)
4 Circular Logic
エンチャント (4)
4 Worship
他 (4)
4 Merfolk Rooter
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る