キューブへの招待

更新日 Event Coverage on 2012年 8月 29日

By Nate Price

A longtime member of the Pro Tour and Grand Prix coverage staff, Nate Price now works making beautiful words for all of you lovely people as the community manager for organized play. When not covering events, he lords over the @MagicProTour Twitter account, ruling with an iron fist.

 マジック・プレイヤー選手権の開幕を飾る最初のイベントは、キューブ・ドラフトだ。現在、君たちの多くは、マジック・オンラインで開催されている間キューブ・ドラフトを行うチャンスがある。あるいは、君たち自身でキューブを作ったことがあるかもしれない。実際のところ、統率者戦が多くのマジック・プレイヤーたちに溺愛されるフォーマットになったのと同様、場所を選ばず作れ、無限ともいえる多彩なキューブを持つキューブ・ドラフトは、みんなの興味を捕らえて離さない。

 キューブという言葉に馴染みがない人たちのために言うと、その基本的な考え方はいたってシンプルだ。キューブとは、ランダムにまとめられたカードの束のことで、それがドラフトに使われる。各種Moxや《Black Lotus》、その他パワー・ナインを取り揃えた強力なキューブもある。逆に、完全にコモンだけで構成されたPauperキューブもある。8人ドラフトにぴったりなちょうど360枚を維持するキューブもあれば、入れ替えることなく次々と新しいカードを追加するだけの巨大なキューブもある。5色ではなく単色のキューブだってあるくらいだ。

 君たちがどんな種類のキューブを採用しても、キューブ・ドラフトとは最も技術を高められるリミテッド・フォーマットのひとつである、という真実は変わらない。キューブが作られる過程により、プール内のカードはみなほとんど同じくらいの質となる。このことが珍しい状況、つまり全てのパックの全てのカードがとりあえずは考慮に値する、という状況を生み出す。それぞれのカードが、理に適った選択になりえて決断もしやすい、というより良いものになっている、そういう状況は君たちとしては望むところかもしれない。その逆もまた然り、だ。比較的同等のパワー・レベルというものが意味するのは、それぞれの選択が君たちの組もうとしているデッキにぴったりであることが求められる、ということだ。たとえ、まだ2つのタイプのデッキが狙えるとしても、それらのうち片方にだけぴったり当てはまるカードが現れるのだ。

Survival of the FittestBalance
Sulfuric Vortex
これらのカードのパワー・レベルについての議論はわずかだ。しかし、これらをどのキューブ・デッキのアーキタイプに入れるのが良いか、という議論はたくさん交わされている。

 もうひとつ、キューブ・ドラフトを他のドラフトと違ったものにしているのは、デッキのアーキタイプという考え方に取り組む方法だ。一般的なドラフトでも、アーキタイプは存在する。マジック2013ドラフトを取り挙げてみよう。賛美デッキ、赤白トークン、赤黒消耗戦、青白飛行……まだまだある。カードがあれば、ライブラリー・アウト戦略のドラフトだってできる。同様に、キューブ・ドラフトにもバラエティーに富んだアーキタイプが現れ得る。一般的なドラフトと異なるのは、実現するために非常に限られたカードの組み合わせが求められる(マジック2013でのライブラリー・アウト・デッキや神河ブロックでの《思考の鈍化》デッキを思わせるような)アーキタイプについて、キューブのカード・プールは固定的なので、そういった戦略が常に存在することだ。加えて、そういったアーキタイプはたびたび良いサポートを得ている。リアニメイト・デッキやライブラリー・アウト・デッキ、あるいは《修繕》デッキを見るのも珍しくない……これらはみな、キューブ・ドラフトのカード・プールによっては十分に実行可能なものなのだ。

 その奥深さと多彩さゆえに、ドラフト参加者それぞれの決断が非常に重要なものとなり、微妙な違いがドラフトの成功と失敗を分けることとなる。この難易度のため、そして上手いプレイヤーと偉大なプレイヤーの間にある微妙な線引きのため、キューブ・ドラフトは世界最高峰のプレイヤーたちの技術を評価するものとして、完璧なフォーマットなのだ。

 でも、君たちを怖がらせて追い払うようなことはない。キューブ・ドラフトにおいて最も大切な要素のひとつは、これは本当に楽しい、ということだ。君たちは超強力なカードたちを、きっと以前は一緒に使ったことのないような組み合わせで使うことになる。君たちは自分に合うように、本当に自分がやりたいようにカードを追加したり取り除いたりして、カード・プールをカスタマイズすることになる。そういった動機全てが、キューブ・ドラフトをこんなにもポピュラーにしたのだ。キューブ・ドラフトは、カジュアル・フォーマットと極めて優秀な技術評価が、完全に交差する一点だ。そのため、プレイヤー選手権にうってつけなのだ。

 キューブ・ドラフトやその構築についてさらに知りたい場合は、以下のサイトを見てくれ。これらは、君たちが正しい方向に歩み始めるのを強く後押しするだろう。(リンク先は英語)

CubeDrafting.com
The Cube FAQ

 マジック・オンラインでキューブ・ドラフトをするプレイヤーたちの素晴らしい動画は、プロ・プレイヤーのものを含めてまだまだある。これは「インターネット」として知られる魔法のチューブの束から得ることのできる豊かな知識の、ほんの一部にすぎない。だから足を運んで、読んで、観て、学んでくれ。キューブとキューブ・ドラフトをする人が増えれば増えるほど、世界はより良くなるのだ。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る