クイックインタビュー:チーム・シールドと個人戦シールドの最大の違いは?

更新日 Event Coverage on 2013年 8月 3日

By Josh Bennett

原文を読む

ラヴニカへの回帰・ブロックにおける、チーム・シールド・デッキと個人戦との最大の違いは何ですか?

/mtg/images/daily/events/wmc13/UnitedStates.jpg

アメリカ代表

 デッキがドラフトのものみたいになりますね。このフォーマットは個人戦シールドよりかなり速いものになりますから、マナ・カーブがより重要になります。また「門」がたくさん手に入りますから、《門の維持》と《はじける境界線》が大活躍するような5色デッキを組めますね。


/mtg/images/daily/events/wmc13/England.jpg

イングランド代表

 ベストのカードをすべてプレイするようにすることがより重要になります。個人戦では、爆弾カードを引いても、マナの問題やその色にプレイに値するカードが少ないという理由で、しばしばデッキに入れられないことがあります。チーム・シールドでベスト3のカードがデッキに入らないなら、デッキを組み直すべきでしょうね。


/mtg/images/daily/events/wmc13/Ireland.jpg

アイルランド代表

 個人戦だと単に自分がプレイすべきカードを見つければいいだけですが、チーム戦ではどのデッキにカードを入れるべきかを考える必要があります。多色をサポートするカードがあるので、色を散らすのにも非常に多くの選択肢がありますし、少なくともひとつは色が重なるデッキがあります。例えば、『基本セット2014』で白いデッキを作ろうとしたら、白いカードをアグロ・デッキとコントロールに分ける必要があり、それからそれぞれのグループのカードをよりうまく使えるデッキに振り分けていくことになります。


/mtg/images/daily/events/wmc13/Singapore.jpg

シンガポール代表

 非常にややこしいですね。デッキの組み方が何通りもあり、それぞれに多くの選択肢があります。一番大事なのは、除去をうまく共有することですね。各デッキが除去を持てるように、色を分ける必要があります。


/mtg/images/daily/events/wmc13/Australia.jpg

オーストラリア代表

 最も大切なのは、デッキをパワフルに、かつ一貫性のあるものにすることです。高コストの爆弾カードを抜くことを恐れないように――このフォーマットは個人戦より速いものですから。例えば、《溶鉄の始源体》や《ボロスの布陣者》を抜いて、土地16枚で良質のボロス・アグロを組むこともできます。


/mtg/images/daily/events/wmc13/Belgium.jpg

ベルギー代表

 個人戦ではマナと爆弾カード次第でデッキが決まるということがありますが、チーム戦には当てはまりません。デッキを組むにも非常に多くの方法があります。特に重要なのは、3つの良いデッキを組むことです。ときおり、カードを見ると2つの超強力デッキと1つの並以下デッキを組みたくなりますが、それは負けにつながる戦略ですよ。


(Tr. Yusuke Yoshikawa)

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る