ジュニア選手権準決勝: 中井拓人 vs. 内山正裕

更新日 Event Coverage on 2003年 8月 23日

By 藤枝勇

7 連勝で優勝候補筆頭だった宮森をストレートで破った内山、その引きは傍目に見ていても気持ち良い引きっぷりでステロイドにうってつけと言えるだろう。

対する中井はレーティング招待となった愛知の新鋭、普段は地元ショップで練習しているらしく、オリジナルの黒コントロールとビートダウンか混ざったようなデッキを今大会では採用している。

Game 1

黒デッキ vs. ステロイドというのはいつの時代も相性が悪く、今の時代にこそ《燻し/Smother》や《もぎとり/Mutilate》のお陰でまだ何とかなったりするものだが、除去を引かないとホントに話にならないものだ。

この 2 人の一本目も終始内山が《象の導き/Elephant Guide》の付いた象トークンで殴りっぱなしで、...そうトークンが最後まで殴っていたのだ。《チェイナーの布告/Chainer's Edict》じゃあ隣が死ぬだけなのですよ...。

中井 0 – 1 内山

Game 2

土地 24 枚中 4 枚が《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》という構成が災いして中井のスタートは沼と《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》と最悪の立ち上がり、一応《強迫/Duress》で手札を確認し序盤の脅威が無い事は分かったのだがマナが無いことには何も出来ずに苦しい展開だ。

だが内山の引きは尋常では無かった、 2 ターン目《野生の雑種犬/Wild Mongrel》、 3 ターン目《硫黄の渦/Sulfuric Vortex》と《強迫》で確認したはずの脅威が次々と登場して半ば呆れ顔の中井...まぁ誰でもそんな顔するだろう。

マジックで一番強いといわれるデッキの一番上から次々と現れるクリーチャーの数々、 7 ターン目まで 4 枚しかランドの並ばなかった中井にはどうしようもなく、《硫黄の渦》に飲まれていってしまった。

Final Results : 内山正裕 Win

Uchiyama Masahiro

Download Arena Decklist
ソーサリー (12)
4 Firebolt 4 Call of the Herd 4 Volcanic Hammer
インスタント (4)
4 Violent Eruption
エンチャント (3)
3 Elephant Guide
60 カード
サイドボード (15)
4 Sulfuric Vortex 3 Naturalize 3 Giant Growth 3 Threaten 2 Flaring Pain

Nakai Takuto

Download Arena Decklist
インスタント (4)
4 Smother
エンチャント (1)
1 Caustic Tar
土地 (24)
20 Swamp 4 Cabal Coffers
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る