チームを率いた魔王・三原 槙仁のチームドラフト

更新日 Event Coverage on 2013年 11月 23日

By 金子 真実

 チームドラフト。トーナメントで行われることがそう多くないフォーマットゆえ、ほとんどの人が精通していない……かと思いきや。ここにその道の鬼がいる。

「チームドラフトなんて、しょっちゅうやってますよ。暇さえあればやってると言っても過言ではないですね。いつものことなんで、いつもどおりに勝ちます。」

 そう語るは「魔王」こと三原 槙仁。実際、グランプリやプロツアーの会場で、時間を見つけてはドラフトに興じる彼の姿をよく見る。名手のドラフティングを見ていこう。

左手前からHron、山本、Hayne。右手前から三原、Hoaen、板東。

Pack 1

1st Pick

運命の三人組
その他の候補:《一口の草毒

運命の三人組

 初手は少々寂しいパックから、ある程度のパワーカードであるレアを。

 悪くはないが良くもない、なんとも微妙な初手となった。

2nd Pick

先見のキマイラ
その他の候補:《炎語りの達人》《悪意の幻霊》《アクロスの重装歩兵

先見のキマイラ

 色々な方向性のありえるパックから、一番安定した戦力となりそうな《先見のキマイラ》をピックした。既に三色にまたがってしまっているが、初手は状況次第では切り捨てる想定だろう。

3rd Pick

蒸気の精
その他の候補:《トリトンの財宝狩り

蒸気の精

 青の流れの中から、重要な2マナ域をピックした。

4th Pick

波濤砕きのトリトン

波濤砕きのトリトン

 ここまた選択肢が青くらいしか無い。初手のことは考えず、今はとにかく流れに身を任せる。

5th Pick

ネシアンの狩猟者
その他の候補:《恩寵の重装歩兵

ネシアンの狩猟者

 ターニングポイントその1。

 ここにきて青の流れがストップ。緑に行くのか白の英雄的に行くのかの選択は、緑に舵を切った。

6th Pick

彼方の工作員

彼方の工作員

 青緑へと舵を取っていく三原。このまま進んでいけるのか。

7th Pick

蘇りし者の密集軍

蘇りし者の密集軍

 しかし暗雲立ち込める。一周してきたパックは、ほぼ青黒専用ともいうべきこのカードが唯一の選択肢だった。青は確定と考え、ここから青緑と青黒を天秤にかけていく。果たしてこれからどちらに舵を切っていくのだろうか。

8th Pick:《悪魔の皮のミノタウルス

9th Pick:《海岸線のキマイラ

10th Pick:《エレボスの加護

11th Pick:《毒蛇座の口づけ

12th Pick:《受勲したグリフィン

13th Pick:《はじけるトリトン

14th Pick:《沈黙の職工

青だけを確定させ、青緑と青黒を天秤にかけた状態で終えた1パック目。

この時点ではどちらになるか確定はしていない。流れが良いほうをやることになるだろう。

Pack 2

1st Pick

英雄の破滅

英雄の破滅

 ターニングポイントその2。

 強力な除去呪文を引いたためピックした三原。青黒方向へ舵を取った。

 実際のところ他のカードが弱くこれ以外の選択肢がほぼ無い状態のパックだったため、流れに乗ったとはいえないものの、引いたカードというのは色を決める重要な要素だろう。

2nd Pick

血集りのハーピー

血集りのハーピー

 これまたほとんど選択肢の無いパック。他の色のカードにさえ選択肢が無い状態であり、仕方なく、といった感じのピックだ。

3rd Pick

思考囲い
他の選択肢:《先見のキマイラ》《蘇りし者の密集軍

思考囲い

 先ほどまでとは打って変わって選択肢の多い強力なパック。

 ここから三原は何にでも対処が可能な《思考囲い》をピック。

4th Pick

メレティスのダクソス

メレティスのダクソス

 ターニングポイントその3。

 青黒のカードが存在しない。三原は検討したうえで、青白マルチカラーの強力カードをピック。

 《運命の三人組》も含め、この時点で青黒に白をタッチすることを決めたとのことだ。

5th Pick

骨読み

骨読み

 アドバンテージ獲得手段でありデッキの安定を図れるドローソースを。

6th Pick

旅行者の護符
他の候補:《死者の神、エレボス》!

旅行者の護符死者の神、エレボス

 注目のピック。

 上手く使えるなら強力な《死者の神、エレボス》が流れてくるも、見向きもせずに《旅行者の護符》をピック。現時点で3色を決めており、「信心」も溜まりそうにない神に用はない。堅実な三原らしいピックだ。上家もどうせ黒などやっていないから、流したところで使われようもない。

 そもそも三原自身が「魔王」なのだから、「神」に対して祈っている場合ではないのだろう。

7th Pick

死の国からの救出

死の国からの救出

 単体で強いカードではない。ではないが、例えばこれから《アスフォデルの灰色商人》なんかが取れれば選択肢に入ってくるだろう。

8th Pick:《石殴りの巨人
他の候補:《槍先のオリアード

 カットくらいしかやることがない。しかしチームドラフトにおいてはカットは強力な戦術。仲間の誰かが当たる相手なのだから。

9th Pick:《洞窟のランパード

10th Pick:《エレボスの加護

11th Pick:《戦識の武勇

12th Pick:《毒蛇座の口づけ

13th Pick:《魔心のキマイラ

14th Pick:《アクロスの十字軍

 青黒タッチ白という方針の固まった2パック目。

 デッキの完成を目指し必要なものピックしていく堅実さ、三原の実力が伝わってくる。

 ここからはデッキの完成度を高めつつ、カットを行っていくことになるだろう。

Pack 3

1st Pick

捕海
他の候補:《ヘリオッドの使者》《波濤砕きのトリトン》《ファリカの療法》《ネシアンのアスプ

捕海

 あまり選択肢の無かった1,2パック目と比較し、選択肢だらけの3パック目。

「英雄的」を起動できる《ヘリオッドの使者》や軽い除去の《ファリカの療法》も喉から手が出る程に欲しいカードだが、ここは堅実な《捕海》を。

2nd Pick

高木の巨人
他の候補:《悪意の幻霊》《鞭の一振り

高木の巨人

 注目のピック。

 自身の色でとりあえずはデッキに入りそうなカードを無視し、カットだけのためにこのカードをピック。

「下のHronが緑をやっている可能性は高く、他の候補のカードはデッキに絶対必要というわけではないのに対して、《高木の巨人》は相手に使われた時に負ける理由になりえるカードだから。」とは三原の弁。

 なるほど実際に下家のHronは緑白をピックしており、的確な読みだ。なんともチームドラフトらしいピック。

3rd Pick

蒸気の精

蒸気の精

 デッキを整える一手。飛行クリーチャーによるビートダウンというコンセプトに合致した大切なカードだ。

4th Pick

静寂の神殿

静寂の神殿

 3色の三原にとっては、このカードが出たことがラッキーと言っても良い。

5th Pick

先見のキマイラ

先見のキマイラ

6th Pick

海檻の怪物

海檻の怪物

7th Pick

エイスリオスの学者
他の候補:《波濤砕きのトリトン

エイスリオスの学者

8th Pick:《災いの印

9th Pick:《災いの印

10th Pick:《蘇りしケンタウルス

11th Pick:《受勲したグリフィン

12th Pick:《水跳ねの海馬

13th Pick:《反論

 この順目で優秀なサイドカードが取れたのは僥倖か。

14th Pick:《タッサの褒賞

三原 槙仁

Download Arena Decklist

 堅実なドラフトを重ねた三原のデッキは、青黒タッチ白の飛行ビートダウンデッキになった。

「デッキ自体が強い!というわけではないですが、勝ち筋のあるデッキが出来上がったと思います。6人チームドラフトっぽいデッキですね。」

 と三原が話す通り、デッキがとても強いわけではない。カードプールが少なくカットも頻繁に行われやすい6人チームドラフトは、通常の8人ドラフトよりデッキが弱くなるのが常だ。そんな中勝ち筋が見えるデッキが出来上がっている。

 相手チームの色配置も想定の通りでありカットは的確、となると現状ピックは三原個人としても、チームとしても成功したといえよう。

 チームの仲間の山本・板東、ともにそこそこのデッキを組み上げており、色の配置や流れたカードから想定すると、相手のチームよりは強いデッキがドラフトできたと考えているとのこと。これは決勝戦に期待が持てる。

 決勝戦に挑む者として、今勢いに乗っているチームとして、マジックのプロプレイヤーとして、一家の大黒柱として、ぜひとも優勝してもらいたい。

 なお、最後に三原の奥さんに、旦那の目標成績について訊いてみた。

「もちろん優勝しなきゃダメ。……まぁ準優勝なら家には入れてあげるけど。」

 ここは決勝戦。どうにか家に入ることはできそうである。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る