ドラフト分析:1st Rochester Pod#1

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 20日

By Yukio Kozakai

初日を全勝で折り返した5名のプレイヤーが、同じテーブルで顔を合わせる。そして、その中で3人が連続して並ぶ事となった。橋本 玲高桑 祥広三原 槙仁のピック譜をお届けしよう。

実際にドラフトが始まる前に軽くテーブルの状況を説明すると、三原の対角線上に残りの全勝者である伊藤が、三原の下家に森田がいる。他にもGP名古屋からの好調を維持する斉藤、日本選手権ベスト8・高校選手権3位と勢いの止まらない覚前、GPシンガポール・GPシドニーでベスト8の実績を持つRoyce Chaiがおり、タレント揃いの1st Podとなった。

注目するのは、再びリミテッドGPの戴冠で復活を目指す、橋本のドラフティングだ。

しっかりとした縦のシナジーとマナベースで構築された"蛇デッキ"を使用して、初日を全勝で折り返した橋本。3勝2敗1分でベスト8当確ラインに立てる事を考えれば、このドラフトは何としても2勝1敗以上で切り抜けたいところ。ならば大崩れしないテンポデッキを構築する事が、橋本にとって条件的には一番の近道になる。ピック内容は別表を参照して頂きたい。

並びは、以下の通り。

1) 橋本
2) 高桑
3) 三原
4) 森田
5) Chai
6) 斉藤
7) 伊藤
8) 覚前

橋本 怜高桑 祥広三原 槙仁
1Swallowing PlagueOrder of the Sacred BellNezumi Cutthroat
2DistressJukai MessengerAkki Underminer
3Sokenzan BruiserSamurai of the Pale CurtainRend Flesh
4Jushi ApprenticeHumble BudokaLifted by Clouds
5Painwracker OniOrbweaver KumoNezumi Graverobber
6Cursed RoninHundred-Talon KamiUncontrollable Anger
7ThoughtbindHarsh DeceiverUnnatural Speed
8Stone RainLureUncontrollable Anger
9Hisoka's GuardJukai MessengerUba Mask
10Wicked AkubaMoss KamiHonden of Night's Reach
11Battle-Mad RoninQuiet PurityBrutal Deceiver
12Nezumi GraverobberKitsune HealerFrostwielder
13Stone RainCleanfallRag Dealer
14Rend FleshOrochi SustainerTenza, Godo's Maul
15Pious KitsuneGlimpse of NatureRag Dealer
16Kami of Fire's RoarSakura-Tribe ElderWicked Akuba
17Brothers YamazakiKitsune DivinerThoughtbind
18Soulless RevivalKitsune RiftwalkerCruel Deceiver
19MindblazeHankyuDevouring Rage
20Unearthly BlizzardMothrider SamuraiCursed Ronin
21Crushing PainKashi-Tribe WarriorsUntaidake, the Cloud Keeper
22Yamabushi's FlameKodama's ReachHonden of Infinite Rage
23Psychic PuppetryKashi-Tribe WarriorsTranquil Garden
24Yamabushi's StormKodama's ReachCruel Deceiver
25Peer Through DepthsJukai MessengerSift Through Sands
26Ronin HoundmasterStrength of CedarsKokusho, the Evening Star
27Rag DealerPious KitsuneDance of Shadows
28Nezumi CutthroatKabuto MothReach Through Mists
29Peer Through DepthsKami of the Painted RoadNine-Ringed Bo
30Glacial RayJourneyer's KiteSoul of Magma
31Yamabushi's FlameMothrider SamuraiNezumi Cutthroat
32Nezumi RoninVigilanceDeathcurse Ogre
33Gutwrencher OniHikari, Twilight GuardianBefoul
34Hearth KamiIndomitable WillUnnatural Speed
35Pull UnderPious KitsuneHikari, Twilight Guardian
36Soulless RevivalMatsu-Tribe DecoyMoss Kami
37Soratami CloudskaterHana KamiBurr Grafter
38Ronin HoundmasterKami of the HuntDance of Shadows
39Eye of NowhereDampen ThoughtLava Spike
40Wicked AkubaIndomitable WillBlood Rites
41Soratami RainshaperCleanfallThoughtbind
42Nezumi CutthroatReciprocateCursed Ronin
43Stone RainNature's WillEerie Procession
44Blood RitesMystic RestraintsCruel Deceiver
45Akki RockspeakerField of RealityStrange Inversion

見事に赤黒の強烈なビートダウンデッキのドラフトに成功した橋本。自らが開封したパックで《食い込む疫病/Swallowing Plague》をピックしてからというもの、ほぼ一直線のドラフティングを展開出来たようだ。序盤に《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》を1~2枚流してしまった部分が気になったが、中盤以降で2枚の《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》を無事に回収して、しっかりとデッキが引き締まった。期待していいだろう。

高桑も第1パックから一貫して白緑を主張しており、そのままの流れで最後まで突き進んでいる。しかし、2つ上の覚前と2つ下の森田が緑を選択しており、間に挟まれた形の高桑はデッキを白主体にした上で、《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》と2枚の《木霊の手の内/Kodama's Reach》に導かれた《黄昏の守護者、秘加理/Hikari, Twilight Guardian》《苔の神/Moss Kami》といった主力に繋ぐ戦いを目指したいところだ。

最後に三原だが、苦しいドラフトを強いられながらもしっかりと「デッキ」を組み上げてきたという印象だ。《夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star》を始めとして、《激憤の本殿/Honden of Infinite Rage》《夜陰の本殿/Honden of Night's Reach》の"ダブル本殿"と、単体のパワーで圧倒できるカードをしっかりとピックしており、2枚の《鼠の殺し屋/Nezumi Cutthroat》と3枚の《残酷な詐欺師/Cruel Deceiver》が2枚の《抑えきれない怒り/Uncontrollable Anger》で猛進して、長い勝負は避ける展開に持ち込むのが三原の勝利の方程式になるだろう。

彼ら以外のプレイヤーの主要なピックを簡単に追いかけていくと、森田が《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》、Chaiが《義理に縛られし者、長雄/Nagao, Bound by Honor》、斉藤が《夜の華、切苦/Kiku, Night's Flower》《夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star》、伊藤が《龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang》《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》といったカードを手に入れており、かなり過剰なパワーゲームが行われていた。

と、いうのが、卓全体を見渡した素直な感想である。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る