ドラフト分析:Day2 2nd Draft Pod1

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 21日

By Yukio Kozakai

第2ドラフトからは、再び第1ポッドの模様をお届けしよう。

今回も非常に豪華な顔ぶれの卓であり、その中でも加藤 一貴浅原 晃森田 雅彦の3人並んだGPチャンプに注目した。

卓上には他にも大塚 高太郎大礒 正嗣といったビッグネームに加え、PTシカゴ出場の実績を持つリミテッド巧者の高崎 雄一、今大会でブレイクを果たしている伊藤 渉吾、関東の新鋭、秋山 貴志が取り囲む。

森田は、ここまで怒涛の11連勝。
すでにベスト8をほぼ手中にしており、3連敗しない限りは鉄板だろう。浅原も第1ドラフトを全勝して勝ち上がってきており、「勢いのある名手」の技の切れ味をじっくり堪能して頂きたいと思う。

並びは、以下の通り。

1) 加藤
2) 浅原
3) 大塚
4) 高崎
5) 秋山
6) 伊藤
7) 大礒
8) 森田

 加藤 一貴浅原 晃森田 雅彦
1Rend SpiritRonin HoundmasterLantern Kami
2Cursed RoninPinecrest RidgeDripping-Tongue Zubera
3HankyuKodama's ReachEthereal Haze
4Mystic RestraintsEmber-Fist ZuberaGale Force
5Lifted by CloudsHonden of Life's WebZo-Zu the Punisher
6Pull UnderCommune with NatureDripping-Tongue Zubera
7Callous DeceiverYamabushi's StormSoilshaper
8Soulless RevivalIname, Life AspectHall of the Bandit Lord
9Callous DeceiverOrochi RangerKodama's Reach
10Soratami RainshaperSakura-Tribe ElderDevouring Rage
11Cut the TethersOrochi LeafcallerKodama's Might
12Mystic RestraintsSerpent SkinMyojin of Infinite Rage
13Hisoka, Minamo SenseiAkki RockspeakerMoss Kami
14Kitsune BlademasterRonin HoundmasterField of Reality
15VigilanceAkki RockspeakerKodama of the North Tree
16Kami of Twisted ReflectionMoss KamiBlind with Anger
17Hisoka's DefianceHumble BudokaOrochi Sustainer
18Soratami CloudskaterKodama's ReachHearth Kami
19Guardian of SolitudeOrbweaver KumoShinka, the Bloodsoaked Keep
20Callous DeceiverOrochi RangerTranquil Garden
21Kami of the Waning MoonAshen-Skin ZuberaHumble Budoka
22Kami of the Palace FieldsOrder of the Sacred BellField of Reality
23Lantern KamiHisoka's DefianceJade Idol
24Kitsune HealerRend SpiritCommune with Nature
25Student of ElementsStone RainKodama's Reach
26Kitsune DivinerKami of the HuntUnnatural Speed
27Counsel of the SoratamiKami of Twisted ReflectionYamabushi's Flame
28Soratami Mirror-GuardMeloku the Clouded MirrorTerashi's Cry
29Ragged VeinsCounsel of the SoratamiSakura-Tribe Elder
30Teller of TalesHisoka's DefianceJukai Messenger
31Hikari, Twilight GuardianStrength of CedarsKodama's Might
32Ethereal HazeLureMatsu-Tribe Decoy
33Waking NightmareKodama's ReachWear Away
34Honden of Cleansing FireKashi-Tribe WarriorsUba Mask
35Kitsune RiftwalkerKitsune HealerOrbweaver Kumo
36Kitsune RiftwalkerInitiate of BloodSift Through Sands
37Hisoka's DefianceDripping-Tongue ZuberaZo-Zu the Punisher
38Harsh DeceiverSoilshaperAkki Avalanchers
39HinderStone RainBurr Grafter
40Ashen-Skin ZuberaNight of Souls' BetrayalShell of the Last Kappa
41SquelchVine KamiKodama's Might
42Blessed BreathStone RainStone Rain
43Rag DealerCounsel of the SoratamiKami of the Hunt
44Azami, Lady of ScrollsSakura-Tribe ElderDesperate Ritual
45Deathcurse OgreVigilanceYamabushi's Flame

まずは加藤のデッキから。

序盤は積極的に青のカードを集め、しっかりと色を主張。本当にほぼ真っ青なピックをしているのが表から読み取れると思う。3枚の《無神経な詐欺師/Callous Deceiver》と2枚の《狐の裂け目歩き/Kitsune Riftwalker》で序盤を凌ぎ、中盤以降は空から戦う形を取っている。《霊魂の奪取/Rend Spirit》《引き込み/Pull Under》といったスペルを早い順目で取れているので、このあたりをタッチして青白+黒といった構成になるだろう。

それにしても、全体的に白いカードの出が渋かった感が否めない。何しろ《手の檻/Cage of Hands》が1枚も出ていないのだから。

続いて浅原のデッキは、緑赤+《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》といった内容。2枚ずつ投入された《木霊の手の内/Kodama's Reach》《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》のバックアップの下、Blog記事にも紹介のあった「多色緑」というアーキタイプをここでも貫いている。

インベイジョンブロックの頃の「《砕土/Harrow》初手」ドラフトまでとはいかないが、テンポ重視のドラフト環境下にあって、マークの薄い特定のアーキタイプを徹底してドラフトし続ける姿勢が、この好成績につながっているのだ。

しかも、同じくBlog記事で紹介済みの森田も同じドラフトを展開していた。

早い順目で《平穏な庭園/Tranquil Garden》をドラフトするなど多色を見越したドラフティングを展開し、今回も《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》《木霊の手の内/Kodama's Reach》をしっかりとピックしている。

つまり、加藤を挟んだ両脇では、壮絶な鏡打ちが行われていた事になる。

森田は赤からスタートしたドラフトだったが、自分のパックで引き当てた《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》を強烈なシグナルとして発信し、最終的には緑多色に落ち着いているのだ。恐るべし。

そういえば、森田はミラディンブロックの時も頑なに「親和」というアーキタイプを徹底して使用していた。絶対の自信を持って磨き上げてきた技を、決勝ドラフトでも十二分に発揮してくれる事だろう。

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る