ラウンド 1: 浅原晃 vs 荒堀和明

更新日 Event Coverage on 2003年 1月 8日

By 平林和哉

Finals'02 、最初のフィーチャーマッチは同じ八王子勢の対決で幕開けとなった。
荒堀はマジックオンラインで使い続けている黒コントロール、浅原は白黒緑のジャンク。

双方共にコントロール色の強いデッキということで、長期戦が予想される。

Game 1

後攻の荒堀が《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》スタート。
一回殴ったところで浅原が《チェイナーの布告/Chainer's Edict》するが、すぐに 2 体目が出てくる。

《大闘技場/Grand Coliseum》《クローサの大牙獣/Krosan Tusker》《クローサの境界/Krosan Verge》でマナを整えていく浅原。
しかし《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》で突進してくる《ナントゥーコの影》は非常に痛い。何とか 2 枚目の《チェイナーの布告》でかわすが、荒堀はさらなる兵器を用意。

《激浪の複製機/Riptide Replicator》- X=4 。
緑の天使トークンを選定。

浅原は《神の怒り/Wrath of God》、ブロッカーとなる《ナントゥーコの僧院/Nantuko Monastery》(《燻し/Smother》されてしまいそうではある)を持っているだけで《激浪の複製機》に対する回答を持っていない。

実際問題浅原のデッキには《無垢の血/Innocent Blood》《チェイナーの布告》《燻し》《神の怒り》と気が狂ったように除去が入っているため、《ナントゥーコの影》のような普通のクリーチャーはいくらでも除去することができるのだが、延々とクリーチャーを生成するジェネレーターは厄介極まりないのだ。

とにかくこれ以上攻撃力を上げられるわけにはいかず、《消えないこだま/Haunting Echoes》で《ナントゥーコの影》を取り除く。

浅原は直後のドローで《クローサの大牙獣》のサイクルから《生ける願い/Living Wish》をトップデッキ。
だが《ウークタビー・オランウータン/Uktabi Orangutan》がいない現在ではアーティファクトに対処することは非常に難しい(《エルフの潰し屋/Elvish Scrapper》《虚無魔道士の代言者/Nullmage Advocate》ぐらい)。

《生ける願い》からチューターされた《貪欲なるベイロス/Ravenous Baloth》は《チェイナーの布告》され、《ナントゥーコの僧院》は《燻し》と窮地に陥る浅原。

ところが浅原はここで《激浪の複製機》の回答を得た。

《アクローマの復讐/Akroma's Vengeance》!

これによって攻め手が止まってしまった荒堀。
勝ち手段が限られているゆえに《ナントゥーコの影》を温存し、《強迫/Duress》で《強迫》を落とされつつも機会をうかがう。

しばらく互いにドローゴーを繰り返すが、荒堀が《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator》を引いてきたことによって一気に動き出すことに。

まず《アンデッドの剣闘士》サイクリングから《占骨術/Skeletal Scrying》 X=4 。
そして次のアップキープには 2 枚の《陰謀団の貴重品室》から得られる潤沢なマナを活用して理想的な手札を作り上げる。
そう、とにもかくも浅原の墓地に眠る《チェイナーの布告》を取り除かないことには《ナントゥーコの影》を安心して送り出すことはできない。

《強迫》《精神ヘドロ/Mind Sludge》で除去だらけの浅原の手札を叩き落とし、《チェイナーの布告》をフラッシュバックさせるために《ナントゥーコの影》を。

そして浅原が《生ける願い》から《起源/Genesis》を獲得した返しで荒堀は勝負に出る。
《チェイナーの布告》フラッシュバックをかわすため《アンデッドの剣闘士》と《ナントゥーコの影》を場に送り込み、余ったマナで《占骨術》。

お約束のように《チェイナーの布告》フラッシュバックで《アンデッドの剣闘士》が墓地に送り込まれ、《ナントゥーコの影》が残るがこれはトップデッキしてきた《燻し》で。

だがさすがに《アンデッドの剣闘士》サイクルをひたすら続けた荒堀はここで《魔性の教示者/Diabolic Tutor》-《消えないこだま/Haunting Echoes》。

何とかトップデッキによって凌いでいた浅原だが、ライブラリーがほとんど枯渇してはどうしようもなく。

浅原 0-1 荒堀

浅原は《神の怒り》を抜いて《陰謀団式療法/Cabal Therapy》《消えないこだま》《迫害/Persecute》などのアンチコントロールカードをサイドイン。
荒堀は除去を《チェイナーの布告》のみとし、《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》とブレイズモードに変形させる。

Game 2

後攻の荒堀がテイクマリガン。

開始早々互いに《強迫》を撃ち合う(荒堀は《チェイナーの布告》を失い、浅原は《生ける願い》をディスカード-荒堀の《強迫》はトップデッキ)。

《賛美されし天使/Exalted Angel》《陰謀団の先手ブレイズ》とお互いクリーチャーを抱えてはいるが、とりあえずは今後の展開を考えて引いてきた《クローサの境界/Krosan Verge》《魔性の教示者》から静かな立ち上がりとなる。

荒堀の《魔性の教示者》(《精神ヘドロ》)の返しで悩みつつも浅原は《消えないこだま》。 まだあまり威力を発揮しないので取っておきたいところだが、 2 枚目も持っているので使うと荒堀は《精神ヘドロ》から《罪を与えるもの/Guiltfeeder》!

正直場に残る《ナントゥーコの僧院》だけでは分が悪いどころでは無い。

《チェイナーの布告》除けに《陰謀団の先手ブレイズ》まで展開すると《神の怒り》をサイドアウトしている浅原にはほとんどどうしようもない状況が出来上がってしまう。

《クローサの大牙獣》をサイクリングして打開策を探す浅原。

《神の怒り》が無い以上《アクローマの復讐》しかどうにかできるカードは無いのだが、浅原の次のドローはまさにその《アクローマの復讐》だった。

《罪を与えるもの》が退場してしまった時、逆に苦しくなった荒堀。

《神の怒り》を抜いた浅原が《罪を与えるもの》に苦しんだように、《燻し》を全て抜いていた荒堀は《ナントゥーコの僧院》に触ることができないのだ。

浅原 1-1 荒堀

《ナントゥーコの僧院》を忘れていた荒堀は、慌てて《燻し》をメインに戻す。

Game 3

残り時間が残り少なくなり急ぐ両者。
荒堀は《催眠の悪鬼》で《チェイナーの布告》をキャッチ、続けて《ナントゥーコの影》。

浅原の《無垢の血》に考えた末に《催眠の悪鬼》を捧げ、手札破壊を引いて《ナントゥーコの影》での早期決着を狙うがさすがにそう簡単にはいかない。
結局《ナントゥーコの影》も失うことに。

おまけに土地が止まってしまった荒堀は《魔性の教示者》で悩みつつも《アンデッドの剣闘士》を持ってきて土地を探し、スローな展開になったところで浅原は《クローサの大牙獣》をサイクリングし続ける。

荒堀の《強迫》、しかし浅原はせっかくの好機に大量の土地と《消えないこだま》《チェイナーの布告》くらいしか持っていないため、 2 体の 《ナントゥーコの僧院》で殴り始める。
だがそれにはサイドインし直された 2 枚の《燻し》が。

こうして両者共に攻め手を潰しあった結果タイムアップ。

浅原 1-1 荒堀

Final Result: 浅原晃 1-1 荒堀和明
Draw Game

Arahori Kazuaki

Download Arena Decklist

Asahara Akira

Download Arena Decklist
クリーチャー (4)
4 Krosan Tusker
インスタント (4)
4 Smother
60 カード
サイドボード (15)
1 Cabal Therapy 1 Haunting Echoes 1 Nantuko Monastery 3 Exalted Angel 1 Génesis 1 Guiltfeeder 1 Gigápede 1 Revenous Baloth 1 Cloud Chaser Eagle 2 Percecute 2 Ray of Revelation

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る