ラウンド 10 : 森田 雅彦vs. 伊藤 渉吾

更新日 Event Coverage on 2004年 11月 20日

By Isamu Fujieda

初日全勝者のデッキの中で間違いなく最弱のデッキを使って全勝した伊藤。
話を聞いてみると"自分のデッキは弱いが相手のデッキもあんまり強くなかったですね"とのこと。

それでもアタッカーといえる様なクリーチャー皆無、ブロッカーだけは豊富っていうか耐えるしかないデッキで全勝。あんなデッキで全勝出来るのは運だけではとてもじゃないが無理、落としたデュエルも1本だけというのだからはっきり言って異常といえるだろう。
今日の初戦も強豪"橋本玲"を意外な《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》で降しての全勝となっている。

ロチェスター2回戦は恐らく彼にとって、予選ラウンド最大の壁になるであろう森田雅彦。
デッキも青緑でウィニー+バウンスと強力なデッキとなっている。リミテッド巧者同士の白熱したゲームを期待したい。

Game 1

伊藤が《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》、森田が《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》と両者とも順調。

その後《山崎兄弟/Brothers Yamazaki》《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》《空民の予見者/Soratami Seer》と続けた伊藤に対して、森田は《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》となり伊藤の《空民の予見者/Soratami Seer》だけが殴るゆっくりとした展開になる。

森田が《秘教の抑制/Mystic Restraints》を《空民の予見者/Soratami Seer》につけ更にペースダウン。伊藤は《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》を追加してのちまちま殴りを続行。

伊藤のハンドにも《秘教の抑制/Mystic Restraints》が眠っており、森田の《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》さえどうにかなれば飛行だけで勝てそうなのだが、そこは森田が全く隙を見せないために試合は依然ゆっくりとしたペースで伊藤が殴るだけの展開となっている。

だが森田が《蛇の皮/Serpent Skin》を引いたために場が動きだし、《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》のアタックを《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》でブロックさせて《蛇の皮/Serpent Skin》。

下は完全に《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》1体で止まっているため伊藤側は《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》で引いて数を揃えようとするもなかなか有効カードを引いてこない。

ここまでたった2体のクリーチャーで場を制する森田、伊藤の《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》も《密の反抗/Hisoka's Defiance》でのカウンターとここまで使ったカードはたったの6枚。

Soratami Cloudskater

伊藤側も切り札である《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》をカウンターされた事によって《粗暴な詐欺師/Brutal Deceiver》《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》《山崎兄弟/Brothers Yamazaki》《空民の雲乗り/Soratami Cloudskater》でのフルアタックを敢行。

これにより森田のライフは5になり伊藤の目算通り《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》もブロッカーに回さざるを得なくなった。

伊藤からしてみれば随分とやりづらいデュエルだろう。手札に《秘教の抑制/Mystic Restraints》《消耗の渦/Consuming Vortex》と抱えながら、たった1枚の《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》によって完全に止められている。

しかも森田は完全に土地の引きすぎなのに要所要所で止められて"もしかしたら逆転されるんじゃないだろうか……"なんて不安もよぎる展開となっている。

森田がようやく3体目である《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》を場に出してさらに膠着。

その後森田が伊藤のエンドに《消耗の渦/Consuming Vortex》(連繋《消耗の渦/Consuming Vortex》)でゲームを決めにかかるが、これは《密の反抗/Hisoka's Defiance》でカウンターされてしまう。

森田ターンで《北の樹の木霊/Kodama of the North Tree》アタック。これを伊藤が2体のクリーチャーとの交換にとる。その後森田《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》をキャスト、流石にここで動かないと負けてしまうと思った伊藤、残り6マナの森田にまずは《秘教の抑制/Mystic Restraints》を《蛇の皮/Serpent Skin》の付いている《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》にキャスト、これは当然効果によってつかないが次のメインに更に動いた。

先ほど森田にやられた《消耗の渦/Consuming Vortex》(連繋《消耗の渦/Consuming Vortex》)をこちらもキャスト。森田が《蛇の皮/Serpent Skin》をついた《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》をアンタッチャブルにすると更にレスポンスで《消耗の渦/Consuming Vortex》……かに見えたがなぜかこれを解決。その後《消耗の渦/Consuming Vortex》をその《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》に撃とうとして気付いて焦りの表情を見せる伊藤。

とりあえず《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》でアタックして森田のライフを3にする。だがこれ以降絶対に《消耗の渦/Consuming Vortex》が森田のクリーチャーには撃てないであろう事は彼も悟っただろう。

この後《風見の本殿/Honden of Seeing Winds》のドローパワーで森田がすぐに勝った……と書けるかと思ったのだが、引けども引けども土地土地土地。引いてきた《木霊の手の内/Kodama's Reach》(連繋《消耗の渦/Consuming Vortex》)を撃った時には完全に土地がライブラリーから無くなっていた。

その間に伊藤が攻め切れればよかったのだが、こちらも何も引かずに森田が先に3枚目の《消耗の渦/Consuming Vortex》を引いたために飛行クリーチャーを全部戻されて殴りきられる。

森田が10枚カードを引いた時点で呪文:土地が3:7からの見事な逆転。まさに日本屈指と言われる実力をまざまざと見せ付けた。途中で伊藤が《空民の予見者/Soratami Seer》と《ねじれた鏡映の神/Kami of Twisted Reflection》ですぐに戻せば……とIfの話になるが相手に慎重にさせてしまうのも実力の内だろうか

森田 1 – 0 伊藤

Game 2

この時点で既に残り5分、伊藤が3ターン目に《空民の雨刻み/Soratami Rainshaper》をキャストした時点でエクストラターンとなり試合終了。

Final Results : 森田 雅彦 Win

Ito Shogo

Download Arena Decklist
インスタント (2)
2 Consuming Vortex
エンチャント (3)
2 Mystic Restraints 1 Blood Rites
土地 (16)
8 Island 8 Mountain
他 (3)
1 Tatsumasa, the Dragon’s Fang 1 Hisoka’s Defiance 1 Minamo, School at Water’s Edge
40 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る