ラウンド 10: 檜垣貴生 vs. 浅原晃

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 15日

By 黒田正城

Game 1

終盤戦に差し掛かってきたところでの日本人対決。あまり嬉しくない対戦のはずだ。檜垣は青緑、浅原は《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》を主体とした黒単を使用している。相性では浅原の方がやや有利か。

先手を取ってほっとしたのは浅原。《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》で檜垣のハンドを見ると、《尊大なワーム/Arrogant Wurm》、《説得//Persuasion》、《呪文散らしのケンタウルス/Spellbane Centaur》、《堂々巡り/Circular Logic》。ここから《呪文散らしのケンタウルス》を抜き去る。黒単の浅原にとってこのカード自体はどうでもいいのだが、これによって檜垣は3ターン目にもすることがなくなってしまい、ただ土地を置くのみ。浅原はそこへ《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》、《陰謀団の先手ブレイズ》と畳み掛け、檜垣の場に4枚目の土地が並ぶことなくゲーム終了。

檜垣 0 – 1 浅原

Game 2

《陰謀団の先手ブレイズ》に対抗するため、檜垣は《リスの巣/Squirrel Nest》をサイドイン。次のゲームで間違いなく後手になる浅原は対照的に《陰謀団の先手ブレイズ》をサイドアウトしている。とはいえ、黒単デッキにとって《リスの巣》が致命的なカードであることに違いは無いので、これが勝負を決めることになるだろうか。

檜垣は 2 ターン目の《野生の雑種犬/Wild Mongrel》から好スタートを切る。浅原も返しで《催眠の悪鬼》を出すが、《野生の雑種犬》、《尊大なワーム》、《強制/Compulsion/》という檜垣の強力なハンドを見てぎょっとする。仕方なく《強制》を抜き、クリーチャーを《もぎとり/Mutilate》でまとめて除去する方針を取ったようだ。

しかしここに来て檜垣のドローが良い。次のターンにキッチリ《堂々巡り》を引いてきて、浅原の《もぎとり》をカウンター。さらに《リスの巣》を引き当て、浅原のライフを削りきった。

檜垣 1 – 1 浅原

Game 3

正念場の3本目なのだが、檜垣痛恨のダブルマリガン。5枚のハンドはまずまずのもので、浅原《ナントゥーコの影》、桧垣《野生の雑種犬》と並べあう。しかし初手が2枚少ない檜垣はもちろん土地も十分ではなく、《腐臭の地/Rancid Earth/》や《陰謀団の先手ブレイズ》が気になって思い切ったプレイが出来ない。予想通り浅原が出してきた《陰謀団の先手ブレイズ》を《霊気の噴出/AEther Burst》でバウンスし、返しで《尊大なワーム》をようやく召喚といった受け身なプレイングをする間に、《ナントゥーコの影》がどんどんライフを削っていく。《リスの巣》などで必死に耐えていた檜垣だが、《顔なしの解体者/Faceless Butcher》、《陰謀団の先手ブレイズ》《よろめく大群/Shambling Swarm》と連続キャストした浅原の前に敗れ去った。

檜垣 1 – 2 浅原

Final Result:浅原 Wins

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る