ラウンド 10: 藤田 修 vs. 山本 遥平

更新日 Event Coverage on 2003年 6月 21日

By 松井健治

リミテッド部門が終了し、残すはスタンダード 3 回戦のみとなった第 10 ラウンド。

ここで対決するのは、この試合を勝てばベスト 8 確定の試合の 2 人である藤田と山本の対決。両者のデッキは、藤田が黒コントロールと、山本がサイカトグとなっている。

先に日曜日に戦う権利を手に入れるのはどちらか。

Game 1

お互い軽く土地事故気味な所からゲームは開始。

山本が《集中/Concentrate》を撃てば、その隙に藤田が《強迫/Duress》を打ち込むなどの動きはあるが、山本は 4 マナドロー強化系スペル(《集中》、《綿密な分析/Deep Analysis》)をどんどん引き、マナと手札を伸ばしていく。

対する藤田はマナが遅れ、土地引きを期待するも無常にも大量の除去カードを抱えることになる。

やがて《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator》を引いた藤田はこれをゆっくり回して手札を整えていくが、山本の場に《ゾンビの横行/Zombie Infestation》と《強制/Compulsion》が並んでしまいもう絶体絶命状態。

だが、山本は不運にも決めてとなる《激動/Upheaval》を引いて来れないでいるではないか。

決め手を引いてこないのは山本だけではない。

藤田も、いくら《アンデッドの剣闘士》を回転させても、今度は土地が延々と続き、攻めるカードを一切引かなく、その隙に《強制》を回しつづけた山本が《激動》を手に入れた事を藤田に示して 1 本目が終了。

藤田 0 - 1 山本

Game 2

少し余談だが、山本はお互いのデッキのシャッフル中に藤田のデッキを手からこぼしてしまい、幸い見えたカードは沼のみだったので、警告だけで済んだのだが、どうやら本人はかなり緊張している様子である。

ゲームに戻り、先手マリガンからゲームを開始せざるおえなくなった藤田は、《陰謀団式療法/Cabal Therapy》で山本の手を攻めつつゲームを開始。ここでまた山本は焦ったのか、 2 ターン目に手にある《強制》を張り忘れたりとプレイはややチグハグ。

マリガン後からのきつい手札で開始した藤田でも、ここからひっくり返すことが出来るかどうか期待が集まったが、山本が 4 枚目の土地を引き当てた事により、 1 ターン前に引いた《迫害/Persecute》が藤田に決まってしまう。

マリガン後で土地の止まっている藤田にとって、これはまさに致命傷そのものとなった。
これにより手札差が0 対 5 になり、次ターンに山本は続けて《集中》をキャスト。

後は引き直した《強制》を回してコンボカードを提示して終了。
まずは山本がベスト 8 へ一番乗りする結果となった。

Final Result : 藤田 0 - 2 山本

Osamu Fujita

Download Arena Decklist

Youhei Yamamoto

Download Arena Decklist
クリーチャー (2)
2 Psychatog
ソーサリー (11)
3 Deep Analysis 3 Concentrate 3 Chainer's Edict 2 Upheaval
エンチャント (4)
3 Compulsión 1 Zombie Infestation
60 カード

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る