ラウンド 10

更新日 Event Coverage on 2004年 1月 17日

By 吉川 祐輔

鍛冶友浩 – 先のPT New Orleansで彗星のように現れた新鋭。本大会も勢いに乗り、森勝洋・大礒正嗣に続くRookie of the Yearを狙う。

藤田修 – その漢気あふれるキャラクターで知られる、息の長い強豪プレイヤー。日本で数少ないグレイヴィ組である。

Game 1

藤田先攻。すぐにキープを宣言した藤田に対し、鍛冶は土地1枚+《黄鉄の呪文爆弾/Pyrite Spellbomb》の初手をマリガン。しかし、2ターン目の《ニューロックの使い魔/Neurok Familiar》でめくれたカードは《水晶の破片/Crystal Shard》! 「マリガンがチャラ」とおどけてみせる鍛冶。

Raise the Alarm

先に攻勢に出たのは藤田。《急報/Raise the Alarm》《屍賊の模造品/Nim Replica》で先手を取っていく。それをためらうことなく相打ちで処理していく鍛冶。時間が経てば《水晶の破片》が勝負を決めてくれるという算段だ。

そしてそのプラン通り、《コバルトのゴーレム/Cobalt Golem》《ヘマタイトのゴーレム/Hematite Golem》で少しずつ局面を支配していく鍛冶。藤田も《生皮はがれの屍賊/Flayed Nim》《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》、さらに《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》で簡単には譲らない。

一度は《骨断ちの矛槍》付き《空狩人の巡回兵/Skyhunter Patrol》に殴られる鍛冶だが、《ゴブリンの模造品/Goblin Replica》でこれを破壊し、局面の変化を許さない。

ならばと藤田は《真珠の破片/Pearl Shard》をプレイし、数の優位をそのまま場の優位へと変化させていく。そしてこの場では決定打になりかねない《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》をプレイ。鍛冶は《黄鉄の呪文爆弾》をドローに変えてメイン投入の《無効/Annul》を含む打開策を探すが、藤田の弓は場へと供給される。

こうなれば時間は残り少ない。《バンシーの刃/Banshee’s Blade》を付けた《ヘマタイトのゴーレム》で殴ってみるが、《真珠の破片》が有効な対策を与えない。

ゆっくりと、ゆっくりと戦局の振り子は藤田の側に振れていく。果たして鍛冶に打開策は。《水晶の破片/Crystal Shard》でマナを拘束しているため、藤田の展開はゆっくりしたものになっている。《バンシーの刃》は間に合うか。

しかし《バンシーの刃》のカウンターが2個になったターンの返し、藤田のメインフェイズ。藤田はおもむろに6マナを出し、土地を3つ墓地に置く。《肉体の裏切り/Betrayal of Flesh》が降りかかり、ブロッカーとして立ちはだかっていた《機械仕掛けのコンドル/Clockwork Condor》を手札へと追いやる。そして場に舞い戻る《生皮はがれの屍賊/Flayed Nim》。

こじ開けた扉に藤田のクリーチャーが殺到し、鍛冶のライフは一気に3へと減少する。そして場には《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》が。

《バンシーの刃》は間に合うか。
…間に合うはずもなかった。

鍛冶 0-1 藤田修

Game 2

再び開幕は鍛冶の《ニューロックの使い魔》から。はらりとめくれる《選別の秤/Culling Scales》。「せっこー」と一言藤田。

見えてしまった《選別の秤》は展開にどのような影響を及ぼすのか。第4ターン、《ニューロックのスパイ/Neurok Spy》を出された返しで長考に沈む藤田。決断は《ピューターのゴーレム/Pewter Golem》。

場のクリーチャー量では鍛冶が圧倒しているのだが、藤田の投じた《金屑ワームの鎧/Slagwurm Armor》が状況を変える。即座に《屍賊の模造品/Nim Replica》に装着され、3/7というブロッカーが。これは半端な攻撃を許さない。

これに対処すべく、満を持して先程の《選別の秤》をプレイする鍛冶だが、《金屑ワームの鎧》を対象に取ったところで《急報》をプレイされ、能力を打ち消されてしまう。この時間はあまりに大きい。

Slagwurm Armor

そして藤田は《真珠の破片》、さらに《屍賊の金切り魔/Nim Shrieker》をプレイして攻めたてる。《バンシーの刃》が付いた《ピューターのゴーレム》は止められない。

だが鍛冶もさるもの、《氷の干渉器/Icy Manipulator》を出してこれを無効化。そしてさらに飛行クリーチャーを連打。劣勢ではあるものの、何とか振り子を引き戻そうとする。

それでも一度傾いてしまった流れか、藤田は鍛冶の虎の子の《氷の干渉器》に《秘宝の破滅/Relic Bane》をつける。この時点で鍛冶のライフは4、場には《クラーク族の兵卒/Krark-Clan Grunt》があるため敗北は免れるが、《氷の干渉器》を失うのは時間の問題だ。

藤田も《選別の秤》によって少しずつパーマネントを失っているため、あまり悠長なことを言ってはいられない。クリーチャーを削り取るべく、《ピューターのゴーレム》をレッドゾーンへ。鍛冶はこれを《クラーク族の兵卒》でチャンプブロック、そのまま墓地へ。

次ターン、鍛冶は《光網の観察者/Grid Monitor》を追加し、さて攻撃かと考えるのだが…《氷の干渉器》をサクリファイスできない事態を理解した瞬間、投了を余儀なくされた。

鍛冶 0-2 藤田修

一瞬集中が途切れてしまったという鍛冶。上位への道中で手痛い1敗を喫することとなった。

一方の藤田は、「美味しいタイミングで取れた」という《秘宝の破滅/Relic Bane》が勝負を決めるあたり、流れを掴んでいるという印象を受ける。このまま上昇気流に乗れるか。

Osamu “Fuji-Shu” Fujita defeats Tomohiro Kaji.


最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る