ラウンド 10: Jay Elarar vs. Gabriel Nassif

更新日 Event Coverage on 2002年 3月 15日

By 松井健治

 第 10 ラウンドは Jay Elarar と Gabriel Naddif との黒単対決。
 Gabriel のデッキは従来の黒単とは違い、メインから 3 枚搭載した《邪悪な覚醒/Malevolent Awakening》を核に据えた、黒に強いデッキとなっている。

Game 1

 先手を取った Gabriel は、取った初手をすぐさまライブラリに戻してマリガンを選択。
2 ターン目に置いた土地が《陰謀団の貴重品室/Cabal Coffers》で完全に土地事故を起こしたと思ったが、 3 ターン目にはなんとか沼を引き、《催眠の悪鬼/Mesmeric Fiend》をキャストする事に成功。
 とりあえずは、目の前の除去である《チェイナーの布告/Chainer's Edict》を抜き、 4 ターン目に《ナントゥーコの影/Nantuko Shade》を出すが、返す Jay の 4 ターン目に《もぎとり/Mutilate》で一掃されてしまう。

 更に沼を引く事の出来た Gabriel は《よろめく大群/Shambling Swarm》を呼べるのだが、その隙に Jay は《精神ヘドロ/Mind Sludge》を決め、 Gabriel の手札を 0 にしてしまう。

 そこからの勝負は一方的だ。

 《よろめく大群》を《病的な飢え/Morbid Hunger》で除去し、《ラクァタスのチャンピオン/Laquatus's Champion》こそトップデッキされた《チェイナーの布告》で除去されてしまうが、Gabriel の墓地とライブラリを《消えないこだま/Haunting Echoes》で崩壊させる Jay 。

 だが、 Gabriel のデッキにはまだまだクリーチャーが眠っており、ゲームを続けるのだが、引いてくるのは沼ばかりである。
 そうこうしている間に、Jay 《魔性の教示者/Diabolic Tutor》で《ナントゥーコの影》を手に入れ、そのままキャスト。
 場には 3 枚の《陰謀団の貴重品室》と、 7 枚の沼があり、Gabriel が必死に除去のドローを祈るが、無常にも引いてくるのは沼だった。

Jay 1 - 0 Gabriel

Game 2

 先手を取った Gabriel だが、初手に不満があるようで少々悩んだところでマリガンを宣言。

 6 枚の初手をキープし、 2 ターン目に《ナントゥーコの影》を出すと、Jay も同じく《ナントゥーコの影》を出し、 《チェイナーの布告》まで繋げる。

 序盤は僅差で Jay の勝ちかと思われたが、返すターンに Gabriel が《陰謀団の先手ブレイズ/Braids, Cabal Minion》をキャストし、《陰謀団の先手ブレイズ》の能力で沼を生贄にささげてしまったのが響いたのか、沼が 3 枚で止まってしまった。
 何とか《ナントゥーコの影》で押し切ろうとする Jay だが、これから大きな悲劇が待っている。

 Gabriel は《精神を刻むもの/Mindslicer》をキャストし、次のターンには《邪悪な覚醒》をセット。
 しっかりと 3 マナを残して Jay のドローステップに Jay がカードを引いたところで 《邪悪な覚醒》を起動し、 お互いの手札を 0 にした上で、先程除去された《ナントゥーコの影》も回収しながら、一気にアドバンテージを得る Gabriel 。

 それでもまだマナを引かない Jay は《チェイナーの布告》を撃って耐えようとするが、付け焼刃と気づいたのか、そのままカードを片付け、サイドボードに入る。

Jay 1 - 1 Gabriel

Game 3

 先手 Jay 。
 序盤に軽く土地事故を起こしたところで、 Gabriel の《陰謀団の先手ブレイズ》に土地を生贄にささげる事を選択させられてしまう。
 悪い事はそれだけに留まらず、 Gabriel の 5 ターン目に《精神ヘドロ》、 6 ターン目に《精神を刻むもの》、そして《邪悪な覚醒》・・・

 これ以上無いくらい Gabriel のデッキは回り、ついていないときはとことんついていなかった Jay 。

 かくして、このラウンドに勝利したのは Gabriel 。
 同じ黒単同士ではあったが、メインからの《邪悪な覚醒》が明暗を分けたと言っても過言ではない対決であった。

Jay 1 - 2 Gabriel

Final Result:Gabriel Win

最新Event Coverage記事

Featured

2015年 11月 16日

2001 Grand Prix Sendai Coverage by, Wizards of the Coast

2001 Grand Prix Sendai Coverage 相次ぐ新星の誕生 10 年ぶりの記録的大雪とのことで、積雪は 20cm 近かった。 2 日目は初日の豪雪が嘘であるかのような快晴となったものだが、やはり北国の冬らしく深々とした寒さが印象的だった。 細かい点にまで言及してはキリがないが、とりあえず今回の上位陣の顔ぶれを見て特に印象的...

記事を読む

Featured

2015年 11月 16日

2002 Masters Series San Diego Coverage by, Wizards of the Coast

2002 Masters Series San Diego Coverage In the first game of the finals, it seemed that Karma was on the side of Humpherys. Fuller only needed a bounce spell to wa...

記事を読む

記事

記事

Event Coverage Archive

過去の記事をお探しの場合 アーカイブのページをご覧ください。人気の著者による、数千にわたるマジックの記事が残されています。

一覧を見る